ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2014.01.13

大浮世絵展

Pocket

土曜日に東京で感染症関係の研究会があったのでその晩は一泊し、

翌朝、娘と待ち合わせてお出かけ。

 

 

 

 

やってきたのは両国。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

おりしも初場所開幕でお相撲さんもフツーに歩いているが、

お相撲を見に来たわけではない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

目的地は国技館の東、江戸東京博物館。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

これである。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

絵画、美術関係にはとんと疎いワタシであるが、

浮世絵はちょっと好き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

一番好きなのは超有名なこの絵だ。

The_Great_Wave_off_Kanagawa

葛飾北斎「神奈川沖浪裏」。

 

 

 

 

 

 

 

 

実はそのルーツはココにさかのぼる。

kitte01

 

 

 

 

 

小学校高学年、おりからの「切手ブーム」にまんまと乗ったワタシは、

切手コレクターであった。

 

 

 

 

 

 

中でも、浮世絵を題材にした切手趣味週間シリーズの美人画、役者絵と、

国際文通週間の東海道五十三次、富嶽三十六景は切手マニアの間でも人気が高かった。

 

 

 

 

 

確か右上の安藤広重作、雪の「蒲原」は2000円以上したような。

(いまは歌川広重というようだ。)

 

 

 

 

 

それはさすがに手が出なかったが、

どうしてもほしかった北斎の「神奈川沖浪裏」を

近所のデパートで500円近く出して買った覚えがある。

時の小学生にとってはそれこそ大変な散財であった。

もちろん、親にはナイショ。

 

 

 

 

今回も、切手になった絵は名前も作者もはっきり覚えていて、懐かしかったです。

 

 

 

そうそう、同級生の「切手博士」石井君が

宝物のように見せてくれた東洲斎写楽「市川海老蔵」

(これは確か当時1000円以上)

も、ついに本物を見ましたぞ。

imagesYL0BA36G

 

 

 

 

 

 

他にも、たくさんの浮世絵が時系列で展示されていて、

歴史的資料としても大変興味深かったです。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

浮世絵、何となくお正月っぽいし。

(でもチョー混んでた。)

 

 

 

 

 

 

 

帰りにこんなものを発見。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

別にお相撲さんでなくても誰でも駐められるらしい。

 

 

 

 

横綱、ってくらいだからどでかいのかと思いきや、

こじんまりした駐輪場でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

今回から、いいねボタンやツイート、ブックマーク機能の追加

および、コメント欄もわかりやすくなりました。

 

 

 

 

 

ぜひぜひ、ご活用ください!

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ