ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.08

大波乱のイタリアGP、勝ったのは元ミナルディ(・□・;)


 それにしても波乱万丈のレースでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタートでポールのハミルトンが無難なスタートを決めた瞬間に

ああ、これでもう優勝は決まったな、と誰もが思ったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここ最近のメルセデスの早さ、ハミルトンの安定感、

抜きにくい高速サーキット、

天候やレースコンディションの変化を予兆させるものもなく、

前戦以上に退屈なレースになると思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、18周目にハースのマグヌッセンがマシンをとめ、

セーフティカーが入ったのだが、

とめた場所がピットレーンの近くだったため、

ピットレーンは一時的にクローズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それを見逃したハミルトンとジョビナッティが結果的に10秒ペナルティ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに24周目にフェラーリのルクレールが

パラボリカからタイヤバリアに突っ込んだため、

刺さったマシンを撤去するため赤旗中断。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間にハードからミディアムにタイヤ交換をしたガスリーが、

レーシングポイントを抜き、

ハミルトンのペナルティによって首位に立つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他のサーキットに比べDRS効果の出にくいモンツァで

ガスリーは首位を守り切って初優勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自身の初優勝とともに、

ホンダエンジンの今期2度目の優勝と、

アルファタウリにチーム初優勝をもたらした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルファタウリは元トロロッソ。

その元をたどれば、あのミナルディでっせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさか、ミナルディがF1で優勝する日が来るとは・・・・。

こんなこと書いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中のレッドブル・ホンダを合わせ、

2018年以来ずっとホンダエンジンで戦ってきたピエール・ガスリーの優勝は、

またホンダファンにとっても大変うれしいこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年、鈴鹿が無いのは、誠に残念。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ