ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.03.30

大河ドラマ的

Pocket

 さて、「まんぷくヌードル」の大ヒットで

大団円を迎えたNHK朝ドラ「まんぷく」でしたが、

面白かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日清食品の安藤百福氏の実話をほぼ正確になぞっているので、

とくにカップヌードルになってからは時代がリアルタイムですので、

次の展開がわかってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たとえば、「まんぷくヌードル」の容器に何か最適の素材はないのか、

といえば、それは「発泡スチロール」だ、という答えを知っているし、

具材として、彩りと高級感を演出する素材があるはずだ、という問いには

「エビだよ、エビ、エビ」と言いたくなるし、

何か、この商品をアピールする販売法はないかと主人公が考えていると、

自動販売機、歩行者天国、と当時の記憶がよみがえってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カップヌードルも最初から爆発的にヒットしたわけではなく、

当時中学校のサッカー部の友人の間で

近くのデパートにカップヌードルの自販機がおかれたけど、もう食べた?

なんてころからブーム始まったことを覚えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この、結果がわかっていることが、

ツマラナイかと言えば、さにあらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは「大河ドラマ」的展開なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大河ドラマはたいてい戦国時代か幕末だが、

ワレワレは本能寺の変で織田信長が命を落としたことも知ってるし、

関ヶ原の戦いで東軍が勝ったことも知っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなことを踏まえて、

明智光秀はここであんなこと言いながら腹の中では謀反を企てていたんだな、

とか、

どのタイミングで、小早川秀秋は徳川方に寝返るのだろうか、

なんてことを思いながらドラマを見るわけである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今期の本家大河ドラマの方は、

戦国でも幕末でもなく、誰も知らない金栗某が主人公であるが、

クドカンの脚本にもかかわらず視聴率は超低迷らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、大河ドラマのニーズは、古典落語や歌舞伎十八番と同じ

「知ってるストーリー」を味わう、ということかも知れないなあ。

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ