ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.08.17

大人のアデノ


 17日月曜日、金曜日夜から38度の発熱、

という患者さんが来院。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 のどが痛く、市販薬を飲んでいたが、

熱下がらないために、日曜日に休日診療所を受診したそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうも、室内に入れてもらえなかったらしく、

お医者さんは駐車場でペンライトでのどを診て

メイアクト、ピーエイ、トランサミンと胃薬処方。

メイアクトは抗生物質、

ピーエイはパブロンみたいな総合感冒薬だから、

患者さんが薬局で買って飲んでたクスリとほぼ一緒です。

薬局で買う総合感冒薬にはトランサミンも入ってることが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、この患者さんは

抗生剤と胃薬を新たにもらったことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、熱が下がらないので当院を受診しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、お話を聞きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 首都圏や、新型コロナ感染発生地域への立ち寄り、

もしくはそういったところに行った人との接触はない。

主婦の方ですがホストクラブ入店や、キャバクラ勤務もありません。(笑)

家族では先週7歳の娘が37.5℃の発熱、咽頭痛。

小児科でノドが赤いといわれ抗生剤4日間で改善したそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ここまで聞いてノドを診てみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 両側口蓋扁桃は真っ赤っか。

そして白苔といわれる白い斑点がついていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ここで何を考えますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少なくとも新型コロナの所見ではない。

娘さんのことも含め、

溶連菌感染症は、真っ先に考えるべきですが、

メイアクトをマル1日飲んで解熱してないので、除外です。

溶連菌は基本的には耐性菌がないので、

このレベルの抗生剤1日飲めばかなり症状は改善してるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこでアデノウィルス迅速検査をすると

強陽性でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アデノウイルスは以前にも書きましたが、

夏風邪を起こすウイルスの中では最も強力で、

激しい咽頭痛、嚥下痛と38℃以上の高熱、

場合によって結膜炎などの眼症状、下痢、腹痛、首のリンパ節腫脹を伴います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小児に多いですが、多くの亜型があるため、

大人にも感染することがあり、

とくに家族内などで濃厚接触があった場合には、

ウイルス量が多量になるので

大人でも重症化することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく7歳の娘さんからでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、その娘さんも

ちゃんとした小児科にかかっていれば、

お母さんにうつらなかったかもしれないし、

お母さんも休日診療所にいって

無駄な薬をもらわなくて済んだかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残念ながら、治療薬はありませんので、

安静、水分栄養補給で回復を待つしかありません。

もちろん抗生剤は百害あって一利なし。

そもそも娘さんにしても

のどの赤み、発熱に対し

4日間の抗生剤、というのは医学的にも大間違いです。

治ったのはクスリのせいではありません。

抗生剤が必要な咽頭炎は、ほぼ溶連菌感染症だけですが、

もし、溶連菌だったとしても4日間では再発します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、感染の注意と安静の必要を指示して、

カロナール錠を頓服で適宜飲んでもらうことに。

学校伝染病の規定では解熱後2日間の自宅待機、

ただしその後も糞便中からは1か月近くウイルスが出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局この家族は、クスリなんかなくても治ったわけです。

お医者さんの仕事は病気を治すことではなく、

まして、クスリを出すことではなく、

きちっと診断をして、

病気が治る正しい方向に患者さんを導いてあげることです。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ