ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.12.18

夜というのに派手なカラオケ歌い、

Pocket

 

さて、忘年会の2次会にカラオケボックスに行ったところ、

入り口でばったり出会ったのは、もとフットサル仲間のカメイ先生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、今日はN病院の忘年会で、2次会がここだという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、親子ともども当院によく受診されるN病院の看護師さんとも遭遇。

ナニやってんのよー、こんなとこでー。

お互い様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、そのN病院の院長のナガサキ先生。仲良しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カラオケの部屋が、大部屋でトナリ同士だったんですけど、

ナガサキ先生に連れられて、オトナリへ。

すでに会場は大盛り上がりでかかっていた曲を歌っていたヒトにいきなりマイク渡される。

ワタシの素性の紹介もないまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えー、何ですかー、という間に歌わされることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なりゆきで、熱唱してしまった「ヤングマン」。

「若くないけど、やりたいこと、なんでもできるのさー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご迷惑おかけしました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、自分の会場の方に戻って、深夜まで、3時間ほどみんなで歌いまくりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、楽しかった。

「朝まで、ふざけよう、ワンマンショーでー」

という、ところですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、だから忘年会はやめられませんね。 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ