ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.07.20

外耳道にエイリアン

Pocket

 耳鼻科の病気は「季節モノ」が多い、ということは以前にも書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 冬のインフルエンザ、春の花粉症、初夏の学校検診後受診児・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今頃は、ヘルパンギーナ、アデノウィルスなどの夏風邪、

もうちょっとすると外耳炎や、土用丑の日前後のウナギの骨が

季節の「旬」を感じさせますが、

また夏に多いのが、耳に虫が入ったという外耳道異物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日受診した、若い女性。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜中に耳に虫が、入ったとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そりゃあ、パニックでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、その時、耳の中で動く虫に対し

夜中に彼女がとった驚きの行動とは・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、自分で耳かきで虫を掻き潰した!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌朝、耳が痛くて、よく聞こえませんと受診した彼女が持参したのは

ティッシュに包んだ、虫の胴体と思しき残骸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 顕微鏡で耳を覗いてみますと、

腫れて狭くなった外耳道の奥に血の海があり、

そこから、虫の足が突き出している!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 犬神家の一族かっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出血を吸引しながら、手術用の耳用鉗子と、ローゼンの吸引管で、

少しずつ虫の「部品」を取り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 酒精綿の上に並べられていくのは、

後ろ肢、前肢、硬い羽根、薄い羽根、胴体の一部・・・・・

さながらバラバラ殺人の様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 長い時間かけて最後に

腫れた外耳道に挟まった触覚付き(!)の頭部を摘出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳の穴には細かい傷が多く、外耳道は腫れてだいぶ狭くなっていましたが

幸い鼓膜に大きな損傷や穿孔はなく、外耳道を洗浄して抗生剤を処方しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、自分の耳にスゴイことやったもんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく、耳かきで虫を外耳道に押しつぶして絶命させたと思われますが、

何となく、エイリアンと戦ったリプリー役の

シガニー・ウィーバーさんのイメージが彼女に重なりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 女は、強い。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に「何の虫でしょうか?」

と尋ねられ、

「硬い羽根があるから、甲虫の仲間でしょうかね・・・・。」

と言っておきましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 多分小型の「チャバネゴキブリ」ではないかと・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ゴキブリ」と聞くとショックかと思い、

本人には正しい「病名」は告知しませんでした・・・・・・(^_^;)

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ