ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.10.18

外国人向け

Pocket

厚労省から、新型コロナウイルス感染拡大予防のためのチラシが来ました。

今更ながらの「3密を避ける」ですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、これ外国人向けに外国語版も何種類か来ています。

英語だと「3密」は「3C」なのですね。

3C政策といえば19世紀後半、

ドイツの3B政策に対抗した、

イギリスの植民地政策でしたが・・・。

覚えてます?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国語版。

中国でも3密。

さすがに、漢字の国なので、知らない字もあるけど、

発音できなくても字はわかります。

①は「密閉空間」②は「密集空間」だと思いますが

③は「密接接触場面」なら

「密切」ではなく「密接」のような気がします。

国語の漢字書き取りなら「密切」は✖ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラジル人も多いのでポルトガル語も。

英語とルーツが同じなので、想像のつく単語もあります。

「tres tipos」は多分「three types」

「concentoracoes」は「concentration」かな。

「encontros」は「encounter」のような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこ行くとベトナム語はもうじぇんじぇんワカリマセン。

だが、なんとなくローマ字読みで発音はできそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ここまでくると発音すらできず。

これはアラビア語かと思ったら、シンハラ語と書いてあります。

調べるとシンハラ語はスリランカの公用語で話者数は1500万人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となく、字がカエルやネコみたいに見えて、可愛いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、日本に住んでてシンハラ語しか読めないヒト、

いったい何人いるんでしょうか。

韓国語やスパイン語あたりの方がニーズがはるかにありそうですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ