ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2015.04.26

外では勝てないが国内では強い

Pocket

 

 

 

 昨日は、久しぶりのサッカー観戦。

 

 

 

 

 

 花粉症の繁忙期で仕事が終わらなかったり、

ライブイベントへの参加などでずっと見に行けないでいた。

 

 

 

 

 

 

 考えてみると、現地参戦は今年2回目、前回はACLのブリスベン戦だから

リーグ戦は何と今期初、ということになる。

 

 

 

 

 

 されば、ここで気合を入れていくか。

 

P4250028

 

 

 

 

 

 実は以前から気になっていたジャンボワラジトンカツ。

ここのとんかつ定食は関脇、大関、横綱とあるが、その上なのだ。

メニュー写真で見ても横綱と比べたその大きさはハンパない。

P4250021

 

 

 

 よし、今日はいっちょこれで行ってみよー。

 

 

 

 

 

 さすがにデカイ!( ゚Д゚)

しかも、ロースで脂こってりである。

P4250025

 

 ナントカ、完食。

おいしかったが、しかし、若いころならともかくこの歳ではキツイわ。

 

 

 

 

 

 そして、春本番の埼玉スタジアムへ。

P4250029

**************************************************************************

2015年J1第7節

浦和レッズ  2-1  名古屋グランパス (埼玉スタジアム2002)

   (前半 1-0)

   (後半 1-1)

**************************************************************************

 アジアチャンピオンズリーグでは結局1勝も出来なかったレッズだが

(おっと、まだ最終戦の消化試合が残ってた)

国内リーグでは、いまだ負けなしの単独首位。

 

 

P4250030

 

 

 

 

 もとより、勝負弱いレッズゆえ、今年のリーグ戦のシステムを見ると、

リーグ制覇のためには前期優勝は最低限必要なノルマである。

 

P4250040

 

 

 

 

 

 名古屋は個の能力も高く、Jリーグではそれなりのレベルのチームで、

スタメンに180センチ超える選手が7人もいる一方、

FWにリーグきっての俊足永井がいる。

ノバコビッチ、ダニルソン、闘莉王の縦のラインは超強力だ。

 

 

 

 

 

 

 それでも、いざ試合が始まるとアジアチャンピオンズリーグで戦った

韓国の水原や中国の北京と比べると、

そのレベルの違いは歴然。

 

 

 

 

 

 

 

 リーグ戦とカップ戦の違いがあるとはいえ、

ボールタッチや当たりの強さはACLに比べると明らかに劣る。

 

 

 

 

 

 

 

 その分、アジアで「揉まれた」レッズは、

ボールへのアプローチや、体の入れ方、パス回しにおいて

名古屋に常に一歩、二歩リードしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 この辺、結果としては完敗に終わったが

やはり「武者修行」の意味で

ACLに出場した意味は充分あったような気がする。

 

 

 

 

 

 

 そして、前半39分最近ますますキレキレの20歳になったばかりの関根が

ボックス内にはしりこんでのゴール!

P4250043

 

 

 

 

 

 

 最近「ホンモノ」になってきた。

P4250044

 

 

 

 後半もいい戦いをしたレッズだが、

開始早々敵陣からのクリアボールがレッズ陣内に出て

相手FWが抜けだし、GKと1対1のピンチを迎えてしまう。

 

 

 

 

 

 あー、ダメかと思ったとき、

GK西川がゴールエリアを大きく飛び出し、

相手FWより半歩早くボールに触りクリアー。

ブラジルW杯でのドイツ代表ノイアーを彷彿させる

超ファインセーブで同点のピンチをかわす。

 

 

 

 

 

 クリアー直後の写真だが青いユニホームの西川が

センターサークル近くの信じられないところに立っている。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 ネットに動画ありました。

 

 

 

 

 

 

 そしてそのピンチの直後、武藤の2試合連続となるゴールで2-0。

P4250050

 

 

 

 

 

 その後は、完全なレッズペースで試合が進む。

P4250054

 

 

 

 

 

 

 後半終了間際、勝利を確信し、スマホでFacebookを開いて 

名古屋相手に2-0で完勝、と、投稿しようとしたら、

ロスタイムに失点。(>_<)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 レッズらしさはまだ抜けてないが、

ともかくこれで単独首位キープ。

 

 

 

 

 

 

 やはり、頑張ってトンカツ食った甲斐があったなー。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ