ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.30

夏の残像

Pocket

季節外れの学校健診が連日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月末の始まったころは、

猛暑の中、エアコンの効かない「換気の良い部屋」で大変だったが、

ここにきて気温も下がり、

健診自体はだいぶ楽になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして助かるのは風邪ひきや花粉症の影響が少ないので、

病気のチェックが入る生徒がきわめて少ないこと。

1クラス1~2人lくらいかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは小学校3校、中学校1校、高校2校、

特別支援学校1校の校医を受け持っていますが、

昨日は中学校の健診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆、マスクをつけていますが、

健診の時は、当然外してもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何クラスか診たところで、あることに気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生徒のつけてるマスクは、様々なタイプがあり、

不織布のサージカルマスクだったり、

布製のお母さんの手作りマスクだったりしますが、

特に女子はいわゆる立体型マスクをつけてる子がわりと多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポリウレタン素材のこのタイプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ある女の子の耳を診るときに、

耳から頬にかけて、このマスクのヒモのあとが

日焼けあととしてクッキリ残っているのに気が付きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう思ってみると、濃淡はあるけれど、

マスクの日焼けあとがある子はけっこういました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このタイプは耳にかける部分が太く、

顔へのフィットも良いので、ずれにくく日焼けあとがつきやすいのでしょう。

UVカット仕様なんかだと、よけいにですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この夏、コロナのおかげで水着のあとは残らなかったけど、

マスクのあとだけが残ったんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年ならではの夏の残像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ