ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.08.13

2020年夏の思い出

Pocket

 夏休みといっても、旅行も行かずステイホームな毎日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも今年は、息子が帰ってきたので、

ちょっと鮎を食べに。

この夏、ワレワレは2回目だけど。

看板シブイなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年、2人で訪れた「綾戸簗」。

ネットで営業してるのを確認、

当日電話予約してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入り口でお姉さんが出迎えてくれて、予約したおかげかと思ったら、

体温測定するために、ここに「張って」いるらしい。

37.5℃以上の人は入店できません、とあった。

従業員はすべてフェイスシールドとマスク着用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 面倒な世の中になった。

店内もテーブルを開けてお客さんを案内しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染症が出た場合に備えてか、

このような記載を求められます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはいいことですね。

病院なら来た人の住所名前勤務先はすべてわかっていますが、

こういったお店ではどこのだれかワカラナイ。

キャバクラや風俗のお店もみんなこのカードを書かせればいいのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年は台風の接近で利根川は濁流であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年、元気の良かったシンディ・ローパーさんは

マスク、フェイスシールドで小声で話すようになり、

髪はピンクで無く普通の茶髪になったが、

おやっさんは、今年も黙々と鮎に串を刺している。

NHKの番組みたいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビールを飲んでしばし待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 息子は、ここは初めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 酢の物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お新香もウマし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 待ってましたのフライ。

泳いでるような姿が見事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 田楽も美味しい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、塩焼き。

ヒレがピンと立って美しい。

やはり、鮎は裏切らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年の夏の唯一の県またぎ、かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、来年来られますように。

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ