ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2009.09.01

夏が好き

Pocket


うーん、夏休みも終わっちまいましたね。
 それにしても今年の夏は盛り上がんなかった。
 私、1年の中で季節としては夏が最も好きです。
なんといっても夏休みがあるし。
まあ、今は仕事してるんでそんなに休むわけじゃあないけど、
国全体が何となく「夏休み」モードになりますよね。
 NHKの朝のニュースキャスターが別の人だったりすると、
お、夏休みとってんな、とか。
 テレビも映画もお祭りも何となく日本中が「うわついた感じ」になるのがいいです。
 
 昔はこの時期になると歌謡番組(一時は各局で製作しておりほぼ毎日あった)は
大磯ロングビーチとか豊島園とかプールからの中継になって、
アイドルの女の子はみんな水着で歌ってたもんだ。
(男性アイドルの水着姿はちょっとアレだが。)
曲も「ひと夏の体験」とか「暑中お見舞い申し上げます」とか「渚のシンドバッド」とか
夏の歌謡曲はみんな好きだ。
 中高生の頃は、いつの日かこういう海辺とかで素敵な女の子との出会いが
・・・なんて夢みたりするんだが、
現実にはそう簡単に海に行くことすらままならない土地に住み、
部活や宿題や受験勉強に追われてそれどころではなく、
もっと大きな問題はたとえ女の子がいたとしても、
そんな声かける度胸もないので、そーゆーことはついぞなかった。
 そもそも中学高校の頃は一回も海水浴なんか行ったことないし。
 さらに、もっと小さいころ(幼稚園から小学校低学年の頃)は
夏休みそのものが楽しくって楽しくって。
 思い出しますねー。
 日盛りの麦わら帽子。
 神社でのセミ取り。
 緑のビニールの虫かご。
 白いランニングシャツ。
 10円のアイスキャンデー。
 落ちたアイスに続くアリの行列。
 田舎の親戚の家。
 ちょっと怖かった夜のお盆のちょうちん。
 蚊帳のにおい。
 蚊取り線香の白い灰。
 塗ってもらったキンカンのヒリヒリ。
 三角に切ったスイカ。
 電燈に飛び込んでくるカナブン。
 三日と続かない「夏休みの時間割計画表」。
 学校のプールの甲羅干し。
 帰りに見上げる入道雲。
 そして、結局残っちゃう絵日記と工作と読書感想文。
 あー、あの夏の日に帰りたいですね。
 そんなわけで来年こそはぜひ、暑~い夏を希望。
やっぱり夏は太陽ギラギラ、汗はダラダラ、ビールをグビグビの猛暑がイイのだ。

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ