ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.03.03

国際耳の日


 3月3日は「ひな祭り」ですが、「耳の日」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1956年に日本耳鼻咽喉科学会が制定。

3.3が「ミミ」の語呂合わせからで、

同様のノリで1961年に8月7日を「鼻の日」に制定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は2007年にWHOが、3月3日を

「World’s hearing day/国際耳の日」に制定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミミは日本語の語呂合わせなのになんで?

と思う向きもあると思いますが、

これは一つにはアラビア数字の3.3が

耳の形に見えるため、ということがあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてもう一つは、

電話の発明者であり、

また、音声学と聾唖教育の第一人者として活躍した

スコットランド人のグラハム・ベルの誕生日だから、

ということも関係してるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タマタマですが、両者が一致してヨカッタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 WHOが国際耳の日を制定するにあたり、

50年も前から3月3日を耳の日としている

日本のことを参考にしたかは不明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと調べたところ、日本以外に

それまで耳の日を制定していた国は無かったようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たして、今後国際鼻の日は出来るのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻に形が似てる数字というと「4」かと思いますが、

鼻は一個なので4月4日はないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ