ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.07.31

困った時のオンデマンド

Pocket

 

 週末はJリーグ、甲府でのアゥエイゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 スカパー観戦と思っていたら、なんと昨日のブログのごとくスカパー映らないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 お昼はジンクスに従い先週と同じお店、今日の日替わりは3種類。

 P7300013

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となく、ミックスフライで。

 P7300014

 

 

*********************************************************************************************************************

2016年J1セカンドステージ第6節

 ヴァンフォーレ甲府  0-2    浦和レッズ  (山梨中銀スタジアム)

     (前半    0-2)

     (後半    0-0)

*********************************************************************************************************************

 昼メシ食ってからアンテナあれこれいじって復旧を試みたがダメ。

 

 

 

 

 

 

 

 地上波の放送はないので、スカパー・オンデマンドで見ることにする。

 パソコンで見ると何となく燃えないんだけど。

 

 P7300019

 

 

 鹿島戦の後半、いい流れになった時の李忠成をそのままトップに残し、

出場停止明けの宇賀神を加えてのぞむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 前節鹿島との大一番を逆転勝利に持ちこんだレッズは自信に満ちていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合開始直後こそ、何回かコーナーキックを与えたが、

その後は甲府にチャンスらしいチャンスを作らせないゲーム運びで、

相手を圧倒的に攻めたてる。

 

 

 

 

 

 

 

 いままで、甲府相手には負けないがなかなか得点できず勝ち切れない、といったイメージがあったが、

前半14分、宇賀神のクロスに武藤がヘッドで合わせ先制点。

 

 P7300021

 

 

 

 

 

 

 こういった、下位チームに対しての早い時間帯での先制点の意義は限りなく大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 安定した試合運びになり、前半終了間際、このままハーフタイム突入かと思われたタイミングで、

宇賀神のスルーを受けた高木が右サイドをえぐりマイナスのクロス。

 

 

 

 

 

 

 

 これを、李忠成がまたも抜群のボディバランスでボレーを決め、追加点。

 P7300022

 

 

 

 

 

 

 興梠不在の穴を埋めるというより、

絶好のアピールの場を得た李忠成の2試合連続ゴールは、

この後の試合に大いに期待を抱かせるものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、身体をはってクロスを上げた高木も、

前節のふがいないパフォーマンスを柏木に厳しくダメ出しされていたようで、

今回は合格点の活躍でこれもチームの勢いになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次の湘南戦、ホームだが足利花火大会で現地参戦できず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとは、スカパーがまた復旧することを祈るのみ。(これ、重要!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ