ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.04.01

四月一日

Pocket

 「四月一日」と書いて「わたぬき」と読む名字があることは結構有名である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 四月になると暖かくなるので、

着物から綿を抜いたりしていたので、

これに由来する「考え落ち」的な読み方である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同じように「小鳥遊」という名字があって、

これは「たかなし」と読むそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鷹がいないと、小鳥が安心して遊べるから

鷹無しで、小鳥遊というこれもひねった読み方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間「白」さんという方が来院されました。

「しろ」さん、「はく」さんではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「百」という文字には「もも」という読みがあります。

山口百恵ちゃんの「もも」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので百から一を引いた「九十九」を

あと一つで「次ぐもも」から

「つくも」と読みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので「百」から一を引いた「白」で、

このかたは「つくもさん」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 多くの名字は明治維新以降にできたものだと思われますが、

「わたぬき」さん「たかなし」さん「つくも」さんなどのご先祖は

さぞかし頭がよく、洒落がきいてて、

ちょっとひねくれものだったんでしょうね。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ