ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2008.08.28

四日天下

Pocket

 ハーフタイムまでは、首位だったんだが・・・。


 2008年J1第23節
 東京ヴェルディ1969  1-1  浦和レッズ  (国立競技場)
           (前半 0-0)
           (後半 1-1)


 国立は、もっぱら、関東地方のチームがホームとしてレッズを招いてやることが多い。
(かつて埼玉スタジアムが出来るまでは、レッズもホームで使ったことがあるが。)
柏、鹿島、千葉、ヴェルディあたりか。
さすがに横浜のチームは日産スタジアムがあるのでマリノスも横浜FCも国立ではやらないし
FC東京、川崎フロンターレは、味スタ、等々力にこだわる。
鹿島、千葉もカシマスタジアムが改修されたり、フクアリが出来てからはそっちでやってるので
ホームスタジアムのキャパが少ない、レイソルがここでよくやるなー。
 さて、地域に根付いてない東京ヴェルディは味スタがあるのにわざわざ国立でやるわけだ。
もちろん、大挙してやってくるであろうレッズサポの入場料収入も当てにしてる。
おそらくヴェルディ側は読売新聞の配ったタダ券の、お客ばっかりだろうから。
 スタジアムは、ヴェルディのホームだが7対3で赤のサポが多い。
 ホーム側こんな感じ。
ガラガラです。
P8270086_ks.jpg
     一方、アウェイ側は
             P8270094_ks.jpg
           ご覧のとおり、超満員。(写真、ぶれちゃった。)
 しかし、サポーターの数や勢いで、勝敗が決まるならレッズは昔からチャンピオンだ。
 今日のレッズは、何となく重かった。
それでも、前半は高原と達也がお互いにスペースを作るように前線で動いていた。
いつ、レッズが点を取るか、という感じだったが
後半、ゲルトは何故かその2トップを総とっかえ。
この采配は疑問だ。
 ヴェルディのサッカーはサイドをあまり使わず、センターに絞り込むスタイルなので
レッズはサイドチェンジから、何回もチャンスを作ることが出来た。
しかし、クロスの精度や、アタッカーのトラップミスからナカナカ得点が奪えない。
 一方ヴェルディは、パスカットからタテにつないで前線に運ぶシンプルなカウンターが
徹底されてて、たびたびレッズゴールを脅かす。
それをさらに効果的にしていたのが、大黒の前線での動きだ。
 前線で左右に動きスペースを作ってボールをもらうと、簡単にさばいてまた前へ出る。
失点シーンもタテに抜けるタッチ数の少ないパス回しからだった。
 レッズは、ミスが目立つようになり、明らかに集中を欠いている様子。
特に平川はミスが多かった。
 後半の時間が進むほど、ミスは顕著になり、敗戦も覚悟したが
ロスタイム、相馬のクロスを阿部ちゃんが頭で合わせて、同点。
まあ、負けなくてよかった、というべきか・・・。
 鹿島と名古屋がともに逆転勝ちをしたので、レッズは3位に後退。
残りは10試合ちょっと、アジアチャンピオンズリーグも始まるので、
ますます厳しい戦いが続く。
そういった意味ではACLのない、名古屋は怖い存在かも。
(もっとも名古屋はナビスコが残ってるけど)
 サポからは、監督批判もでてるが、ここは全員一丸となって(もちろんサポーターも)
何とか優勝を勝ち取ってほしい。
去年みたいな思いは、もうしたくないっす。

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ