ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.01.03

単独初詣

Pocket

 元旦の初詣は見合わせたが、

ここ30年欠かさず参拝して、お守りと干支土鈴を買っているので、

3日の日にワタシが代表として

ひとりで明治神宮まで行ってくることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところ利用している9時39分発のりょうもう号。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は穏やかで渡良瀬橋の向こうに浅間山がくっきり見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回もコーヒー片手に本を読みながらですが、

今日のりょうもう号は時節柄、ほぼ満席でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつも明治神宮まではクルマで行きますが、

今日は電車、原宿駅で降りるのは久しぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駅出てすぐです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず今回の目的の一つ、古いお札の返納。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、参道を進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年から設置された「ディスタンス」の目印。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年ここに来るのは元旦だが、3日ともなると

ある程度空いてるかと期待したのですが、

逆に多いくらいで、オーロラビジョンのはるか前から

行列ストップになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 警察官の誘導によって断続的に少しずつ進む行列。

密になるので、なるべく会話してるグループから

離れるような方向に

歩きながら位置を移動させます。

皆さんマスクしてますが、

5,6人前にノーマスクの若い女性2人がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと、ここまできた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神門の干支、今年は寅年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本殿に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここに来るまで1時間弱でした。

家族4人の願いをお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつもここで家族写真撮るのですが、今日は自撮り。

こうしてみると一家族一名の初詣というのは、

コロナ対策に適っているのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、最大の目的地(?)へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年から物販(ここでは授与所という)は密を避けるため

別の広場に移りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 空いてるブースで買いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 買うものは500円の「守札」と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年買ってもう3巡目になってる干支鈴。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、帰ります。

自撮りで、なかなか笑えないワタシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りは、また山手線で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間が遅くなったので、

内回りで東京駅まで行き、弁当を買って

常磐線で北千住まで行って、特急車内で食べる、

というプラン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、はたと思い当たったのが、

今、このコロナ下で電車内で駅弁食べていいのだろうか、

という問題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スマホで東武電車のホームページを検索したが、

ダメ、という文書は見当たりませんでした。

だが、世間の目が気になるし、

特急までの待ち時間がちょっとあったのもあって、

ホームのベンチで食べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガラス戸で覆われた待合所は密閉空間なので、

余り混んではなかったのですが、

ちょっと寒かったけれど外のベンチで食べました。

いろいろメンドクサイ世の中になった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、少し離れたベンチで、

やはり一人で弁当を食べる中年男性アリ。

やはりワタシと同じ思考過程でそこに至ったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りは4時ころ、

もうすっかりあたりは夕方でした。

渡良瀬橋に夕陽がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 森高千里さんの渡良瀬橋の歌碑はここにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、これが今日ゲットした干支鈴。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一昨年の子年からは球形のシリーズになりました。

個人的には、ちょっとイマイチなんですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年一年、我が家をお守りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4件のコメント

コメント/トラックバック (4件)トラックバック用URL:

  1. 足利から浅間山が見えるのですね。
    うちの診療所は浅間山のすぐ南です。
    平生、近距離から浅間山を見上げていますので遠景もいいですね。
    待合室で駅弁とはご苦労様でした。
    JRでは車内のアルコールを含めての飲食は可ですが、会話するなと言ってますね。
    コロナの非常事態宣言では車内販売はおろか駅の売店からもお酒が消えて辛かったです。

  2. コメントありがとうございます。
    浅間山は特に冬には綺麗に見えます。
    赤城山は近いですが、榛名山はちょっと郊外に出ないと見えません。
    ずっと群馬で過ごしたので赤城、榛名、妙義、そして浅間山は
    男体山よりも愛着があります。
    従来、駅弁は列車が走りだすまでは箸をつけない派でしたが、
    このご時世では致し方ない。
    缶ビールも駅弁には必須なんですけれど、
    隣の席に乗客がいたら、飲めないなあ。

  3. 連投すいません。
    赤城山もいいですね。
    長野県から上りの新幹線に乗りますと、幾多のトンネルを抜けて高崎に至るんですが
    左側車窓に赤城山の雄大な稜線が広がってきます。
    上毛かるたで、裾野は長し赤城山、は素晴らしい情景描写と思います。
    その西側には谷川岳連峰がみえて、東京に行くときは本当に美しい風景に癒されます。

  4. またまたコメント感謝です。
    前橋に住んでいると赤城山はまさに故郷の山で、
    関越道で東京方面から帰ってきて赤城山が見えると、
    我が家に帰ってきた、という思いになったものです。
    ワタシの母も伊勢崎近郊で生まれ育ったので、
    同じようなことを言っていました。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ