ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.07.26

卓球金メダルおめでとう。

Pocket

 夜、プールから帰ってテレビつけるとオリンピックの体操団体。

夕食の準備しながら横眼でみてましたが、

僅差でロシアオリンピック委員会(!)に負けて

金メダルならず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと体操競技の採点基準は分からないので、

どこが負けだったかわからない。

フィギュアスケートもそうだけど

こういうのは特に僅差の時はスッキリしない面もありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてチャンネル変えたら卓球混合ダブルスの決勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 伊藤美誠さんは、よくニュース番組とかに出ていたので

唯一顔と名前が一致する卓球選手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本は卓球で金メダルをとったことはないそうで。

これはちょっと意外でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、見るとすでに中国に2ゲームとられてるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3セットマッチなら2セットとられたら負けなので

5セットマッチかなと思ったら7セットマッチだった。

セットではなくゲームというらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま負けかと思ったら日本ペアは2ゲームとって、

試合を振り出しに戻したばかりか、

さらに次のゲームもとって3対2で逆転。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今まで卓球なんてほとんど見たことないのに

燃えてきました。

ビールも進む。(^^;)

この美誠ちゃんはインタビューの時から感じていたが、

いかにも気が強そうなキャラでタノモシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、次のゲームをとられて、またまたタイに。

勝負は最終ゲームに持ち越されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、この中国ペア。

あまり表情を変えないし、

紫色のドラゴンをあしらった黒いユニホームが

いかにもスポ根アニメやドラマの

ベタな「悪役キャラ」「敵キャラ」のイメージを醸してます。

中国人の眼にはどう映るんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピンチに追い込まれましたが、

それでも最後は勝利、

というのもスポ根マンガの定番的なストーリー。

ハラハラする展開も重要です。

その意味で観終わって実にスカッとする試合でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合中気の強そうな表情をしていた彼女が、

金メダルが決まって抱きつかれたときに恥ずかしがる、

っていうのも

青春ドラマっぽくて、またイイ感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、無観客、沈黙のはずの会場に

中国人の応援団が固まって大声で声援をしているのにはビックリ。

大会関係者や選手団らしいけど、

やはりマナーやエチケットに配慮しない

この国の残念な国民性なんでしょうね。(-_-メ)

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ