ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.05.24

医療を否定するお医者さん

Pocket

先日の「新型コロナウイルスは存在しない説」

の本として検索をかけると

アマゾンではいろいろな本がヒットしますが、

お医者さんの書いてる本もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1996年に『患者よ、がんと闘うな』を出版し

がんに対する標準治療を否定した近藤誠氏は、

その売れ行きに味をしめて次々と医療否定本を出版しています。

このヒトのおかげで助かるはずのがん患者さんが何人亡くなったのやら。

今回も新型コロナに便乗して何やら出してるようですが、

やはり、マスクやワクチンを否定する内容らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない」

という本を書いたのは徳島大学名誉教授の大島眞というセンセイらしいですが、

徳島大学のホームページを見ると

苦情が来て相当困ってるようです。

本学名誉教授大島眞氏の活動に対する苦情について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ワクチン不要論」を書いたのは内海聡氏という方でやはりお医者さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調べてみるとこのヒトは最初「精神科は今日も、やりたい放題」

という本を2012年に出版し、売れたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、自らを「キチガイ医」と称し、

「医学不要論」「薬が人を殺している」

医者に頼らなくてもがんは消える

などの医療否定本を数十冊出版しています。

いずれもヒットするベストセラー作家らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どんなものか1冊読んでみようと思いましたが、

フツーに買ったのでは著者に利益が生じてしまうなあ、と悩むところです。

そしたらアマゾンマーケットプレイスに中古本があったので

これなら、と購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どんなトンデモ本かと思ったが、

意外とそうでもありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 内容は精神科で診ている患者のほとんどは精神病などではなく、

向精神薬の多量投与こそが精神病を生み出している、

というような内容が根幹です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 語り口や決めつけは、ちょっとやりすぎ、

という感はありますが、

たしかに向精神薬の多剤投与は

ワタシ自身も疑問に感じる面もあるので

内容の一部分については賛同する面もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはデビュー作みたいらしいですが、

おそらくその後にエスカレートしていったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 精神科医の中には薬を出し過ぎの人がけっこういる、

という事実に対し、

そのままではインパクトはありませんが、

精神科医や製薬会社はみな金儲けのために

いらない薬を投与して病気を作り出している、

とした方がはるかに強烈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それがウケると、今度はさらに

別の診療科や、薬、ワクチンにまで同様の論法を行います。

この人は内科、漢方医であり、

薬物やワクチン、ウイルスの専門家ではないのに、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、またまたウケるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アマゾンなどでこの手の本の書評を見ると

「よく言ってくれました」

「まさにこんな本を求めていました」

などという熱狂的なコメントばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 読者はさらに強い刺激を求めてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 真っ当な医者は取り合いませんが。

そこに「ホメオパシー」や「波動療法」などの

インチキ医療を推進する人たちがすり寄ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出版社のほうも出せば売れるもんだから、

センセイ、今度はこんなネタでもっと過激にやちゃってくださいよ、

ほら、読者からの反響スゴイですよ、とたきつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このセンセイもそんな自ら仕掛けた虚構の連鎖に

知らずに取り込まれてしまったのでしょう。

もう、抜けられない、

ある意味「依存症」みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このセンセイの本に

「内海聡の大ウソ医学にだまされない極意」

というタイトルがあって

「内海聡の」で切るらしいが、

一瞬「内海聡の大ウソ医学」で切るのかと思いました

そっちの方がオモシロイのに。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ