ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.28

北欧のクラシック

Pocket

先日年末の第9に行った折、

東フィルの2024年のコンサートのチラシをもらって、

お、これは、というのがあったので、

日曜日またオーチャードホールに足を運ぶ。

前回と同じ15時開演なので浅草でお昼ご飯。

今日はここにしてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山賊焼は、以前食べたことがありますが、ここで食べられるとは。

ブログを調べるともう10年以上前でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回もち麦ご飯、とろろ付きで。

過去のブログの写真と比べると、

本場もんは、かなりワイルドでしたが、

こちらは都会的にそれなりに洗練されてますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、その後は1か月前と同じく銀座線で渋谷まで。

東急本店の解体はだいぶ進んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回チケットは東フィルのサイトからネットで申し込み、決済。

しかし、電子チケットや、コンビニ発券ではなく

紙チケットを当日会場窓口で受け取るシステム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビミョーにアナログなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今回のプログラムはコレ。

シベリウスとグリーグのスカンジナビアンセット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィンランドの国民的作曲家シベリウスはワレワレ夫婦ともども大好きで、

しかも今回の演目が、その代表曲である

「カレリア組曲」と「交響曲第2番」通称「シベ2」

とくれば聴くしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうのグリーグはノルウェーの作曲家で、

「ピアノ協奏曲」はやはり代表曲。

ウルトラセブンの最終回で使われたのはシューマンのピアノ協奏曲だが、

監督の満田穧氏が当初想定していたのはこのグリーグの曲だったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はバルコニー席ではなく1階前方。

コンビニ発券ではないチケットひさびさだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10列目といってもオーケストラピットがあるので、実質5列目。

なかなかいい席。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年初めてのクラシックコンサート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指揮者はなんとロシアの人。

これは、ちょっと意外。

以前も書いたが長らくロシアに虐げれれてきたフィンランドの国民は

ロシアに対する積年の恨みがあり、

シベリウスの楽曲こそがその帝政ロシアの圧政から、

独立を目指すフィンランド国民の心を奮い立たせたとされているからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、このミハイル・プレトニョフ氏は、

1990年に、ソ連で最初の(国営でない)私設オーケストラ、

ロシア・ナショナル管弦楽団を設立した人で、

さらにロシアのウクライナ侵攻後、

政治的立場によりロシア・ナショナル管弦楽団の監督の座を追放され、

スイスでロシア・ナショナル管弦楽団の元メンバーや

ウクライナ人音楽家を含めた

「ラフマニノフ・インターナショナル管弦楽団」を結成し

活動の拠点をスイスに完全に移す、とあるので

なるほど、と納得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、今回のシベリウスには、

彼の母国ロシアのウクライナ侵攻に対する思いがあるのかも。

ロシア(ソ連)とフィンランドの戦いについては、この本に詳しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、グリーグのピアノ協奏曲ではこの人がソリスト。

27歳の若いピアニストで実に楽しそうにピアノを弾く。

ピアノに合わせて「ポン、ポポン」と口ずさみながら

演奏するスタイルが、カワイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、冷たさと、凛と張った力強さを感じる

北欧の音楽を堪能しました。

これはやっぱり寒いこの時期に聴くべきですね。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ