ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.04.28

北朝鮮飯店 in 昭和歌謡ヒットパレード

Pocket

大型連休前半の1日目、4月28日日曜日の夜は、コレでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所はClub South BBC。

本日は1回のメインステージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップバッターは、曖昧☆トモヤ氏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラムのシンちゃんと、チェッカーズメドレーなどで客席を大いに盛り上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては、「Music Board」。

同級生のナオちゃんと、以前ご一緒した新井先生のユニットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌も上手い、ギターは名人、オトナの平成歌謡。

なんか、NHKの「SONGS」を思わせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ出番。

友人も駆けつけてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DJの江川くんも盛り上げてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「北朝鮮飯店」参上。

司会者の紹介で、スタートです。

時刻はちょうど午後8時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、昭和に戻ります。

ワタシの「8時だよ!」の掛け声に、

何の打ち合わせもなく「全員集合!」と答えてくれるお客さん、サイコーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1曲目「恋の季節」ではリンダさん、ベースをトニー先生に任せてフルートで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ステージが広いので大所帯でも大丈夫。

みんなで演奏すると楽しいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2曲目からは、昭和に活躍し、令和に間に合わず亡くなったスター特集。

まずは、3月26日に68歳で亡くなった萩原健一、

ショーグンがショーケンを歌います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲はザ・テンプターズの「エメラルドの伝説」。

ショーグン様、尺を間違えましたが、メンバーのフォローで事なきを得ます。

お客さんにはわからなかったと思うが、

ひょっとして、間違えた本人もわかっていなかった可能性も?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと冷や汗をかきましたが、

この辺は、このバンドを長年続けていますので、織り込み済み(?)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、森山加代子さんの「白い蝶のサンバ」。

今年3月6日に78歳でお亡くなりになられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今年2月15日に82歳で亡くなった内田正人氏が率いた

サ・キング・トーンズの大ヒット曲、「グッドナイト・ベイビー」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、このあとは、まだ生きている人たちのナンバーを。(^^;)

辺見マリ「経験」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボーカルはアヤちゃんで、昭和の大曲「天城越え」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、のけぞるほどの熱唱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、「TOKIO」でなく「PYONGYANG」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スーパーシティが舞い上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、ゲストにMusic Boardのナオちゃんを迎え、

スペシャル企画。

彼女とは同級生の真実ちゃんを通じて、高校時代対バンしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、「タイムマシンにお願い」して42年前に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、高校2年生の時、彼女はドラマーだったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気分は高校生?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、シメはアヤちゃんボーカルで小泉今日子「学園天国」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和の学園、天国だったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、アンコールはショーグン様が「キムといつまでも」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終わりゆく平成の時代を、昭和歌謡でニホンの皆さまと見送ります。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北朝鮮飯店、平成ラストライブでした。

2011年12月に結成されたこのバンド、ということは結成後もう8年目。

脱北者もあったが、新たに拉致した党員も多く、

よく、平成の時代を生き残り、間もなく令和の時代を迎えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、昭和歌謡ヒットパレードは続きます。

金八先生(?)の紹介で登場したのは、・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「BB Girls」。

ピンクレディーのあて振りです。

この振り付けで曲がわかっちゃいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっとずれてるけど。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミーちゃんとケイちゃんに写真を撮ってもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後のバンドは「あっちゃんず」。

聖子ちゃんのトリビュートバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あっちゃんは聖子ちゃんと同世代でしょうか。

バックを固めるメンバーはギター教室の先生だったり、

コンテストで関東代表になったヒトだったりで演奏力は完璧。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 松田聖子ちゃんも昭和の時代を代表する偉大なスターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、大変楽しかった「昭和歌謡ヒットパレード」。

英一さん、2回目、3回目も期待しています。 

 

 

そして、翌29日は「C5-dips」の平成ラストライブなのだ。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ