ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.10.19

副反応と後遺症、原因と結果

Pocket

 例えば、あなたがある朝起きたときに、

猛烈な頭痛と、激しい吐き気、全身の倦怠感を自覚したとします。

夕べまでは何ともなかったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、あなた何も心配してはいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜなら、あなたは昨夜遅くまで友人と深酒し、

これは、そのための二日酔いだとわかっているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この場合、原因と結果の因果関係は、

かなりの確率で「関係あり」と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ある日、全身に発疹が出たとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、2日前から風邪薬を飲んでいます。

クスリを止めたら発疹も消えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この発疹は風邪薬の副作用でしょうか、

風邪のせいでしょうか、

それとも、それらと無関係な

また別の原因での発疹でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、初めて飲んだクスリであった場合、

ほとんどの人は風邪薬が原因、と考えると思いますが、

実は、どの可能性もあり、

どれがより確からしいということも

これだけでは全く分からないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間はこのように体の異変に対し、

常にその原因を探そうとします。

それがわかると安心するからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪薬の場合、もう一回飲んでみる、

という「実験」は可能です。

わざわざそれを試す人はまずいないでしょうが、

たまたま飲んで発疹が出た場合は因果関係は強く肯定されます。

だが、逆に飲んで症状が出なくても

たとえば(発熱など)ある条件の下でだけ

その風邪薬で発疹が出るのかもしれないので、

風邪薬は「無実」ではないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頭痛や発疹のほかにも、ヒトの体に起きる症状として、

メマイや難聴、耳鳴、全身倦怠感や、下痢、不眠、

はたまた顔面神経麻痺や、

がんの発生にしても、

原因のわかるものもあるが、大多数は「原因不明」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、ヒトは「原因」を探ろうとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近、いろいろな症状で受診する患者さんに

「何か、きっかけ、原因になるようなものはありませんか?」

と尋ねると

「ちょっと前に新型コロナのワクチン打ったんですけど・・・。」

と答える方が非常に多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん大半の人はワクチンが原因、

と信じているわけではありませんが、

「可能性がないとは言えない」ということで

そんな答えをするわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 反ワクチン派のお医者さんのブログを見てると、

これを完全に結びつけています。

ワクチンを打ったら顔面神経麻痺が出た、

ワクチンを打ったらがんになった、

ほかに原因が見当たらないのだから原因はワクチンです。

だからこのようなワクチンは打ってはいけません。

という論法をよく見かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば副反応としての発熱は、

抗原の侵入に対する体の免疫応答ということで

説明可能なので、ワクチンが原因と考えていいと思いますが、

これですら、たまたまそのタイミングで風邪をひく、

ということもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単に「Aを行った後にBが生じた、

ゆえにBの原因はAである」という論法は、

朝、いつもと違う道を通ったら、宝くじが当たった、

宝くじが当たった原因は、いつもと違う道を通ったためだ、

というように無意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、新型コロナの後遺障害についても

いろいろいわれていますが、

その症状は本当に新型コロナが原因だったのか、

それとも実は別の原因による症状だが、

たまたま時期が一致して出た症状なのか。

はたまたコロナのあとには

こんな後遺症があると聞いていたので

心理的要因からプラセボ効果で出てしまった症状、

ということだって十分あり得ます。

むしろ、これは意外に多いのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほかに原因が見当たらないから、

これが原因だ、という論法は

原因不明で起こりうる症状に対してはまったく適応されません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 物事は常に科学的に客観的に考えるべきです。

ただし、ワレワレの未だ知らない「科学」もあるということが

問題を難しくしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 因果関係を安易に結びつけることはありませんが、

頭から全否定することも、また慎むべきです。

未知の事象に対しては

客観的なデータの蓄積と冷静な対応が求められるでしょう。

それが「科学的思考」、理系の人間の考え方です。

医者としてワタシは常にそういう考え方をするように心がけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 故に新しいワクチンや新型コロナの後遺症に対しては

常に冷静に状況を分析していく態度が求められるといえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ