ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.03.12

前回の大量飛散

Pocket

 さてここ10年来最多の花粉量はやはり半端なく、

マスコミ報道の額面以上の患者さんが、

大挙来院され、耳鼻咽喉科外来は疲弊しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週土曜日に半日受付で215人の来院者でビックリしたが、

今週土曜日は235人とその記録をあっさり塗り替え、

朝から休みなく働き続け、

発熱外来までやって午前の診療が終わったのが4時過ぎであった。

腹ペコで倒れそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中には、恐れていた学校側の

「卒業式でマスク外し」の指示によって、

それまで持ちこたえていた花粉症が、

一気に炎上したかわいそうな中学生もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、他院で、一番効くといわれて出されたクスリが

実は効果が一番弱いアレグラだったりの

悲劇もあり、なかなか大変な今年の花粉症。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、過去10年で最大という、

その10年前の前はどうだったかと思っていましたが、

テレビのニュースを見ていて、突然思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本年より以前にスギ花粉の大量飛散があったのは、

2011年です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2011年3月11日のブログにこんな記事があります。

やすらはで寝なましものを

 そして、このブログをあげた直後に、

あの東日本大震災が起こったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際に2011年はその後、過去最大級の花粉飛散があったのですが、

同時に福島原発事故で放射能も飛散しちゃったため、

誰も彼も窓を閉め切って屋外での活動をしなくなったので、

結果的に花粉症の被害も免れた、という結果になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原発事故の数少ない「恩恵」といえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は原発事故もないし、

コロナのマスク規制も緩和になり、

しかも急激な気温の上昇という、

スギ花粉患者さんにとっては猛烈な逆風が吹いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幼稚園児、保育園児の外遊びは厳禁です。

お別れハイキングなんてもっての外です。

学校の体育の授業も屋外での実施はなるべく控え、

花粉症の生徒は教室に待機させてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 教育現場での弱者への配慮を何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ