ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2012.12.20

入間の病院

Pocket


 そんなわけで、何とか一命を取り留めたレディアちゃん、
本日電話して術後経過もなんとかダイジョブらしい。
 ところで、今回手術をしていただいた入間の病院である。
 人間の場合は開業医があり、
その上に地方自治体や日本赤十字などが運営する
地域基幹病院があり、
その上に大学病院があり、
より高次の専門的医療を受けるわけだが、
イヌネコの場合はそういう仕組みにはなってない。
 獣医学科の大学病院はまだしも、
○○市立イヌネコ総合病院なんてのはきかないし。
 そんなわけで、今回行ったところもまあ私立の施設なワケだ。
 行ったら、ビックリ。
 平日の午前中なのに10数台分の駐車場はほぼ満車。
 まあ、平日ったってイヌネコは学校や会社には行かないので
毎日休日なんだけど。
 待合室に入ると、小児科のクリニックを大きくしたみたいな感じで、
いっぱいイヌネコが待ってる。
 ネコは大体手提げケージに入ってるが、
イヌは抱っこされてるか座ってるか。
 みな、礼儀正しく、おとなしい。
 よく仕事していて耳鼻科って子供が泣いたりあばれたりするから、
うーん、耳鼻科って獣医さんみたいだなあ、
と思う事があったのだが、
とんでもない、待合室に限れば小倉耳鼻科よりよっぽど静かで落ち着いてる。
 まあ、ときどき受け付けのヒトが外に呼び行くことがあるので、
吠えちゃうワンちゃんは車で待ってるのかもしれないが。
 耳鼻科でも、ウチの子騒ぐから車で待ってます、
というお母さんもたまにはいるか。
(待合室で子供が騒いでいても平気なお母さんもいるけど・・・・。)
 スタッフも多く、受け付けや獣医さんの他に、
爪を切ったり、シャンプーしたり、肛門腺絞ったり、
なんて事もやってるらしい。
 診察室はウチと同じ2診であるが獣医さんはもっといるようだ。
 何より、午前中診察して、昼休みの間検査して、
午後もまた診察して、夜8時から緊急手術なんて
よく働くなあ。
 獣医さんは若い先生が多かった。
 うーん、そういえばオレも彼らくらいの年齢の頃は、
朝から夜遅くまで、外来だ検査だ、手術だ、急患だ、
・・・などとずっと働いてたなあ、。
 あの頃は若かったから無理がきいたのだなあ・・・・。
 急に思い出しました。
 ・・・・・・
 関係ないけど「入間」と「人間」って字、似てますね。
(歳とると細かい字が苦手で、原稿見直しして読み間違えた。)
 入間の病院≠人間の病院。
 特に意味はないです。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。



コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ