ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.11.10

健康雑誌、健康本

Pocket

 新聞に載っている本の広告をみると

「私はこれで○○を治した」とか

「××をしたらがんが消えた」

などというタイトルを目にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「健康」とか「壮快」といったいわゆる中高年向け健康雑誌にも

体験談をもとにした健康法、病気撃退法などが目白押しです。

ちなみに、この手の雑誌の人気テーマは、

糖尿病の自力療法、脊柱管狭窄症の克服法、高血圧を自力で下げる極意、

見るだけで目が良くなる写真、耳鳴り・難聴・めまいの撃退法など、

だ、そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正しいことも、正しくないことも書いてありますが、

気をつけなければいけないのは、

その出来事がたとえ「真実」であったとしても、

逸話の複数形はデータではない、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すでに診断されている耳鳴、メマイ、老眼、腰痛などは

命にかかわるものではありませんし、

とくにお金のかからない、

オクラ水、酢キャベツ、こうじ水、腸を元気にする極意、足の指回し

などを試すのは問題ありませんが、

まあ、書いてあるような効果は得られないと思いますし、

出版社側も、本や雑誌が売れればいいので、

そのつもりで書いてると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金の棒でこすったらがんが消えた人が

仮に実際にいたとしても

それは、検証された治療ではないので、

正しい標準療法を受けるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ