ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.09.19

今年2回目の休日急患診療所

Pocket

9月19日敬老の日は、

朝から、足利医師会の休日急患診療所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前は医者2人体制だったのが、

コロナ以後1人体制になったので、

順番が回ってくるのが大分間隔があいて、

前回の当番は1月でした。

まあ、その分、予防接種に駆り出されるので、

休日出勤の回数はコロナ以降倍増してはいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月といえば、まだ第6波の始まったころ。

コロナ患者数は増加していましたが、

まだ栃木県内で1日200人程度のレベル。

それでも当時は驚異的な数字でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後いろいろあったわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は第7波のピークを過ぎ、

8月に1日3000人を超えていた患者数は、

1000人ちょっとまで減ってきている状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に新型コロナ疑いの患者さんがメインなので、

問診表もそれに特化したものに変更されていました。

ワクチン接種歴などの記載欄もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、この診療所の最大の弱点はPCR検査ができないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、疑いが濃厚な方には抗原検査をし、

陽性ならOKですが、

抗原検査は陰性だが病歴より疑いは否定できない、という方には

翌日PCR検査を受けるように指示しました。

果たして、全員受けてくれるかは不明ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供さんの場合は何回も検査するのも何なので、

緊急性がなければ、本日の抗原検査は見合わせ、

翌日のPCR検査で判定しましょうと説明した方もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし中には、感染の疑いがあるが、

抗原検査でも陰性ならば会社に行けるので、

検査してほしい、という人がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは医学的に容認できない、と説明をしたのですが、

会社がバカなので、それでいいから、と納得してもらえず、

明日の時点で症状がないことを出社の条件に

抗原検査をした例もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああー、こうしてコロナは拡散していくのかもしれず。

まあ、今は薄く拡散させるのが政府の方針だったりするので、

やむを得ない面もありますが、なんかモヤモヤします。

お昼のお弁当は前よりマシにはなったけど、

やっぱり、物足りないなあ。

そこが、コロナに対しても中途半端なこの休日診療所らしい、

といえば、それはそうなのだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ