ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.23

今年の大河は「光る君へ」

Pocket

 毎年見続けてきたNHK大河ドラマだが、

昨年は「どうする家康」のあまりのつまらなさに

早々に離脱してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、今年2024年の大河ドラマは「光る君へ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナント主人公は「紫式部」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 紫式部はむろんよく知ってるが、

それは「源氏物語」の作者である、ということだけで、

その人となりや、どんな生涯を送ったかなどについては、

全く知らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも平安時代の女性など、

紫式部を含め、その本名や生没年に関しても

分かっていないのがふつうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いったい、ドラマになるのか?

いや、逆にどうにでもストーリーが作れるので、

脚本家、演出家の腕次第、ということであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまで3回見たが、

まだ、何とも言えないが、悪くないドラマのようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 紫式部と、また歴史教科書的には超有名人の

「藤原道長」の絡みでドラマは進行するようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 藤原道長に関しても、

平安時代→摂関政治→藤原道長時代に栄華の頂点→「この世をば~」の歌

→息子「藤原頼通」→「平等院鳳凰堂」→10円玉

という一連の知識がほぼすべてである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正直、藤原道長と紫式部の関係も漠然としか知らなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 藤原道長といえば傲慢な権力者で、

ワタシ的には日本のルイ14世的なイメージであったが、

ドラマでは柄本佑氏が演じており、

だいぶイメージが違うので、今後の展開が興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主演の吉高由里子さんは好きな女優さんなので期待していますが、

平安時代なので城攻めも合戦シーンもなく、

恋愛と権力闘争、謀略、毒殺、裏切りで展開していくストーリーになると思われ、

ドロドロしたスカッとしないドラマになりはしないかが

ちょっと不安ではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、「らんまん」と同じくアタマのいい人が、

その知恵と才覚を武器に成功してゆく、というストーリーは

権力や武力でのし上がる、という物語より

ずっと好みなのでそこは期待できるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第3回で赤染衛門が登場。

ドラマ見ながら、あー、赤染衛門の歌なんだったかなー、

とど忘れしていたが、しばし考えて、

「やすらはで寝なましものを~」

と自力で思い出せたことで非常にスッキリした。

そんな楽しみもあるかもです。

そういえば、こんなブログもありましたな。

「やすらはで寝なましものを」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ