ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2013.05.16

今、函館を過ぎました

Pocket

休診のお知らせの日に質問をさせていただいていいのでしょうか。不安があるためお願いします。
一人暮らし24歳の息子が昨年11月頃より喉の痛み、会話中に必ずえへんと咳払いが出る様に不具合を感じており、更に花粉症の季節からはいつもの鼻つまりとは違う完全鼻ズマリに、それが5月まで続き耳鼻咽喉科を受診。(いつも花粉症に服用していたクラリチンもあまり効かなかったと言っています)
処方はクラリシッド錠2回/日・ロキソニン錠 ムコダイン錠3回/日・ミリカレット点鼻薬で2週間、続いて今日ジェニナック錠1回/日・ブルフェン錠 ムコダイン錠3回/日・ミリカレット点鼻薬に変更になりました。鼻は通る様になり気持ちがいいようです。ただ喉の改善が感じられないと先生に伝えたそうです。
心配はジェニナック錠とブルフェン錠の併用です。ニューキノロンとNSAIDSの併用で安心して服用しても大丈夫でしょうか。
また始めのロキソニンもそうでしたがブルフェンの3回/日はどうなんでしょう。多くないのでしょうか。
もちろん診察されたDrが必要と判断されたのですからこうした質問はそちらにって感じですが、Drに電話をするわけにもいかないような気がして。
そこで薬についてだけでもアドバイスいただけたらと思っています。
心配のため新しい処方薬はまだ服用していません。
いつかブログにコメントできたらと思っていましたが、質問になってしまいました。
よろしくお願いします。

おはようございます。
只今、北海道に向かう寝台特急北斗星の寝台です。(笑)
ご質問の件ですがキノロンと鎮痛剤の併用は痙攣などの副作用が
報告されていますが、
通常は大丈夫です。
フルマーク、バクシダール辺りは要注意ですが
ジェニナックでは報告ないかも。
ただし、そもそも感染症に対する消炎鎮痛剤の使い方としては
頓服が原則であり分3は推奨されません。
痛みや熱の状態によって使用されるのが
よろしいと思います。
それでは。
小倉弘之
iPadから送信
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。




コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ