ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.09.10

中秋の名月の夜に埼スタに帰ってきた

Pocket

いったいどれくらいぶりであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく昨年、レッズの試合は12月の天皇杯しか行っていない、

そして、それは国立競技場であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調べてみると埼玉スタジアムへの来訪は、

一昨年、2020年の10月以来、ということになるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どことなく、浦島太郎的な・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何回も来たことがある場所なんですが、

前来ていた場所とはどこか違うような、

周りの人も以前とは違うような、フシギな感覚です。

みんな、マスク星人になってしまったから?

コロナに感染して人格が入れかわってしまったたから?

なんかSF的だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今夜は中秋の名月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

異世界ムードをさらに演出?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座席は一個飛ばしではなく、全席販売したようで、

ワタシの両隣も男性2人ずつのグループが着席。

1列後ろの列は誰もいなかったので、そちらにうつろうかと

さて、サッカーのブログも停滞してましたが、

レッズはここのところかなり調子を上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AFCアジアチャンピオンズリーグのノックアウトステージを

3連勝で勝ち上がり、アジア東地区の代表となり、

西地区王者との決勝戦にコマを進めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリサンジェルマン戦以降、

リーグ戦ではアウェイの名古屋で負けたものの、

川崎フロンターレ、ジュビロ磐田に大勝し、

前節の鹿島戦は引き分けであったが、

アウェイの鹿島スタジアムで2点先制されてからのドロー。

リーグ戦で敗れた名古屋もルヴァンカップ準々決勝で粉砕して

ルヴァンカップ準決勝に勝ち進んだので、借りは返した形だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでの不振がたたってリーグ戦10位であるが、

今日の相手柏レイソルは、5位と上位であるものの、

現時点ではレッズの方が強いはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*******************************************************************************

2022年J1第25節

浦和レッズ  4-1  柏レイソル (埼玉スタジアム2002)

(前半  2-0)

(後半  2-1)

********************************************************************************

と思ったら、レッズはコロナ陽性者が続出したようで、

スタメンは大幅に入れ替え戦力ダウンの様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今のレッズは誰が出ても同じように機能する、という

ロドリゲスイズムが、浸透している。

いつもの緩急のあるコンビネーションサッカーで

早々に先制。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今季ブレイクした松尾は、レッズを背負うストライカー人る予感。

いつも、ゴール後の表情に笑顔がないのは

当初取り消しゴールが多すぎたため?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、続く24分にアレックス・シャルクの

J初ゴールが決まる。

ユンカーやモーベルグが加入後すぐ結果を出していたので、

このゴールはかなり嬉しいはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなるとホーム埼スタの声出し応援が、チームを盛り上げ、相手を威嚇する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半、今度は知念が、初ゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ペナルティエリア内でのハンドからPK獲得。

ここは、安定のショルツがきっちり決める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4-0と勝利を確実なものに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイソルはこの試合、イエローカード5枚。

レッズの攻撃に手を焼いていたことがうかがえる。(1人はすでに交代)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観客28632人。

これくらいが、見やすいけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4―0のまま終わりたかったが、終了間際に失点。

レッズのお約束。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもまあ、4-1は快勝といっていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の暑さも夜はすっかり無くなって、

涼しく、快適なサッカー観戦。

中秋の名月に花を添える、良いゲームでした。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ