ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.03.09

中学生

Pocket

 

 今度の日曜日は先に書いたが、前橋でライブ。

 

 

 

 

 先週に引き続き今夜も太田のスタジオで練習である。

 

 

 

 

 実は先週、20:00~で予約を取ろうとしたら先約ありで取れなかった。

 

 

 

 

 スタジオの駐車場に車をとめるとスタジオから出てきたとおぼしき楽器を持った若い女の子がイッパイ。

 

 

 

 

 暗闇でよくは見えないが、学生風。男性の声もする。

 

 

 

 

 

 女子高生かな、と思ってスタジオ入りすると、

先に来たドラムの中野くんの話では

どうも女子中学生の軽音部の卒業お別れ練習みたいなものだったらしい。

 

 

 

 

 

 

 男性の声は、どうも顧問の先生のようだ。

 

 

 

 

 

 ふーん。

 

 

 

 

 

 時代は変わった。

 

 

 

 

 

 

 我々が中学生のころはバンドやってるなんてもちろん学校にはナイショ。

 

 

 

 

 

 

 禁止ではなかったがいい顔はされない。

 

 

 

 

 

 中3の時、学年主任の英語の先生との面談のとき。

先生はギターを弾く手ぶりをして

「オグラ、お前、これやってんのか。」とオレに尋ねた。

 

 

 

 

 

 「・・・・・ハイ。」

と小さい声で答えたが、

 

 

 

 

 

 「ちゃんと、勉強やってんのか、お父さん心配してたぞ。」

 

 

 

 

 

 どうも、校医をやってたウチのオヤジが何かの機会に先生にもらしたらしい。

 

 

 

 

 

 いまや、中学校の先生が率先して生徒にバンドの指導するんだなあ。

 

 

 

 

 

 それも、女子に。

 

 

 

 

 

 そういえば、いまや、ロックバンドは女子の時代でした。

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ