ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.05.31

世界禁煙デー~タバコのない世界を目指して

Pocket

 

     今日、5月31日は世界禁煙デーです。

 

 

 

 

 

 今年のポスターは、このヒトなのね・・・・・。

 160523172447_2

 

 

 

 

 

 タバコの害は本当に恐ろしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 近年、レストランは禁煙化が進んでいるが、

ワタシがよく昼メシを食いに行く、いわゆる「大衆食堂」はまだ喫煙可のところがほとんどである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、よく目にするのがこんな光景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうとっくに会社をリタイアしたお年寄りが昼ごはんを食べ、タバコに火をつける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目を細めてタバコを吸いこむと、とたんに、タンがらみの激しいセキを繰り返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食事中のワタシにとってはタバコを吸われることは大迷惑なのだが、

それよりも激しくせき込みながらも、

なおもタバコを吸い続けるお年寄りをみると、つくづくかわいそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 苦しいセキをしながら、自分の命を縮めながら、

それでも自らお金を出して買ったタバコを吸い続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、「依存症」の恐ろしさだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タバコの奴隷になってしまった人々は

一生タバコ会社のためタバコを吸い続けるのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年、地方紙がこの「世界禁煙デー」のキャンペーン広告を出すので、

当院も協賛して広告を掲載していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 去年、担当のヒトが来て今年も広告お願いしますよ、といってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、どうしようかなと思い、「あなたはタバコを吸いますか?」と尋ねた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手は、ワタシとそう変わらない年齢、何となくタバコクサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、喫煙者であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで

 「今年は掲載しますが、あなたもタバコの害を記事にする以上、タバコを止めた方がいいです。

来年までに禁煙してください、そうでないと来年からは協賛しません。」

 と告げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、担当者は直接面会に来ないで広告依頼の資料が送られてきて、その後電話があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「先日の資料、お読みいただきましたか。今年も是非、広告協賛をお願いします。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「その後、禁煙されましたか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あいては去年のやり取りを覚えていたと見え、一瞬の沈黙のあと

 「・・・・・いえ、まだ、吸っています。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「では、今年はダメですね。

もし、禁煙に成功されたら、来年からはまた広告協賛いたします。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我ながら、オレも意地悪だな、と思うが、担当の方が禁煙されなかったことは大変残念であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年、禁煙しましたよ、広告オネガイシマス、とくれば喜んで大判のワクでも掲載するのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 核兵器とタバコ、どちらが先に地球上から廃絶されるだろう。

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ