ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.08.07

上位対決をモノにできず

Pocket

花火大会明けの日曜日。

埼玉スタジアムを目指す。

夏休み期間なので東北道の渋滞を考慮し早めに家を出る。

舘林に向かう途中、なんとなくアヤシイ雲行き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猛暑も大変だが、雷、夕立、突風、竜巻はもっと怖い。

最近は異常気象なので気になるところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、無事に到着。

渋滞も大したことはなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

埼スタ近くのビッグモーター。

枯れている街路樹がないか思わず見てしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアム下の広場ではイベントをやっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メズラシイ。

浦和レッズはマスコットキャラクターがあまり出てこないので有名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブの方針かどうかわかりませんが、

スタジアムには年に一回出るかどうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、よりによってこのクソ暑い日に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、中の人は思っているかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太鼓などもやっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏祭りもいいが、肝心なのは勝敗だ。

ショルツ、ホイブラーテンもいいが明本が抜群に似合ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてキックオフまでまだ1時間余り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはチキンカツと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生ビールで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて日が暮れていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして選手入場。

****************************************************************************************

2023年J1第22節

浦和レッズ    0-0      横浜Fマリノス (埼玉スタジアム2002)

   (前半   0-0)

   (後半   0-0)
****************************************************************************************

本日の相手は現在勝ち点43で2位の横浜Fマリノス。

対するレッズは勝ち点37。

6ポイント差だがこれに勝てば一気に3ポイントまで迫れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝戦線に食い込むためにはぜひとも勝利が欲しい試合。

逆に今日負ければ9ポイント差になり、優勝の望みはかなり小さくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開幕戦では全く歯が立たなかった相手だが、

今日はレッズが攻めていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、再三のチャンスを得点に結びつけられない。

なでしこJAPANの決定力がウラヤマシイ。

大物ストライカー、ホセ・カンテも、

高原直泰や杉本健勇と同じく不発で終わる予感・・・・

後半開始からは興梠慎三にチェンジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半も攻めまくるも、得点奪えず。

逆にロスタイムに超ヤバイ場面もあったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果は0-0のドロー。

試合内容や、勝ち点差、ホームゲームであることを考えれば、

これはレッズが勝ち点2を失ったゲーム、といっていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雨は降らなかったんだけどねー。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ