ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2010.08.18

上に12、下に9

Pocket


 ホントは夏休みの旅行記を早くブログにアップしたいのだが、
いわゆる「避けては通れぬネタ」というのがあり、これを書かねば。
(避けて通りたいけど・・・・。)
 実際には「中2日」だが、旅行の関係で
連日テレビ観戦でした。
 火曜日の7時半ってビミョーだ。
 何で、水曜日じゃないの?
 水曜なら行けるのに。
 まあ、休み明けとはいえ、夏なのでそれほど患者さんも多くなく、
テレビは楽々、生で間に合いました。


 2010年J1第19節
   浦和レッズ     1-1     ベガルタ仙台   (埼玉スタジアム2002)
      (前半     0-0)
      (後半     1-1)


 サヌをあっち持ってたりこっち持ってきたり、
フィンケも迷ってるなあ。
 試合開始後、すぐ気付いたのは、
今日はミドルを打っていこう、という指示か申し合わせがあったようだ、
ということ。
 まあ、当然だ。
 オレが考え付くくらいのことはもっともっと早くやってもらわねば困る。
 しかし、攻め続けて得点が入らなければ、
悪い流れになるのは同じ。
 それにしても、ここのところ気づくのは、
レッズの獲得するコーナーキックの多さとオフサイドの少なさ。
 これは、多分リーグ1,2を争うくらいじゃないだろか。
 このことの示すことは、
ウラをとる動きが少なく、ゴール前でパスをカットされてるってこと。
 じゃあ、それならそれで、このコーナーが得点につながらないものか。
 何本も蹴るけどちっとも得点のニオイがしない。
 (去年までは、点取ってくれる人がいたんだけど。)
 セットプレーの練習ってどんだけやってんだろか。
 今年は左キッカーもいるし、193センチの選手もいるわけだから、
コーナーキックのパターンを3つ4つ作って、
きっちり練習すれば、もっと得点が楽に取れるのでは。
 やっぱり、ワールドカップを見てると、
コーナーやフリーキックで得点できるとすごく有利だ。
(いや、魔法のようなブレ球でなくていいので、サインプレーのような約束事をね)
 今回は、先制されたが、負けなかったこと、
選手たちの危機感、打開しようとする試み、最後まであきらめない姿勢、
が、感じ取れたのは非常に良かった。
 反面、降格圏のチームから
ホームで勝ち点3を奪えない今のチーム力という課題もまた鮮明だ。
 次、行けるのは、月末のアントラーズ戦なんだけど、
そこまでに何らかの光明が見いだせるのか。
 現在、首位とも最下位とも勝ち点差が「14」で同じ。
 しかし、ACL圏内の3位とは勝ち点差「12」だが、
降格圏内の16位とは勝ち点差「9」しかないのだ。
 ってことは、もう、下を気にして戦うってこと?
 フィンケの顔がア・デモス(ア・デモス←知らないヒトはクリックしてね)
に見えてきませんように。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。
 次回は、旅行の話、書きますねー。

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    こんばんはです。
    恐らくスカパーが関係しているのでしょうけど、酷暑の今、中2日で日程を組むリーグは疑問ですし、せめて夏は選手のために、中3日をキープしてあげたいですねぇ・・・
    さて、もう下を気にして戦うしかないのは現実と思いますので、そこは現実を見てサポートして行きたいです。湘南戦は勝たないとまずいですし・・・

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    うえ様
    日本より涼しいヨーロッパでさえリーグ戦をやらないこの時期に、
    ブルキナファソより暑い(?)この日本で、
    中2日は、ちょっと、酷すぎますね。
    それでも選手は、良く走ってたと思います。
    さて、やっぱり、下が気になりますか。
    湘南、勝たなければいけない試合ですが、
    ムカシから、勝たなければいけない試合、に弱いんですよ。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ