ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.09.02

ワールドカップ最終予選、初戦ホームで逆転負け

Pocket

基本的に浦和レッズ>>>日本代表なワタシだが、

ワールドカップ最終予選ともなればそれなりに気合も入る。

 

 

 

 

 

 

でも、見たのは録画ですが・・・。

 

 

 

 

 

 

テレ朝とNHK-BS、どちらで見るか迷うところだが、

一人で真剣に見るならNHKだが、

酒飲みながら家族と見るにはテレ朝の方が、ツッコみどころが多く

「お茶の間」向きである。

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、また川平とウルサイ松木だよ。

 

 

 

 

 

 

 

テレ朝お馴染みの

「絶対に負けられない戦いがそこにある」ってこのフレーズ

今まで何回使って、そのうち何回負けたか、その勝率を知りたい。

 

 

 

 

 

 

 

なんだかんだ言ってもこういう大一番で結果を残す本田は、さすが。

 

 

 

 

 

 

 

 

香川とどっちがサッカー選手として上か、という意味では

リーグ戦では香川かも知れないが、ことワールドカップ、大一番となれば

間違いなく本田に軍配が上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

その本田のヘッドで先制。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、波乱なくホームで勝ち点3かと思われたが、

そうはいかなかった。

 

 

 

 

 

 

 

結果的に日本はこのカタールの主審の不可解な判定に泣くことになる。

(日本だからよかったが、ブラジルやコロンビアあたりで

このジャッジをしたら生きては国に帰れまい。)

20160901214752ece

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかにFKを与えたシーン、PKを与えたシーンの

判定はビミョーだった。

 

 

 

 

 

 

 

逆に日本が2回ほどエリア内で倒されても笛はならなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、ビミョーな判定でPKを与えた審判は、

心の隅にその判定に対する疑念があり、

もう一方のチームにもPKを与えやすい、というデータはある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ビミョーな判定でもらったFK、PKは

キッカーがミスしやすいというデータもあるが、

これをきっちり決めたUAEはお見事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に審判の判定に翻弄され、

なすべきサッカーができなくなっていった選手、

そして指揮官には敗戦の原因があったといわざるを得ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

偶然の勝利はあるが、敗戦には必ず必然がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

シュートを打つべき場面で打っていたか、

ディフェンスのディシプリンを守ったか、

柏木の故障はアクシデントだったが、あそこは大島でよかったのか。

試合中の選手交代についても疑問がないわけでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、でもこのシュートはゴールインでしたが・・・。(゚Д゚;)

多分、世界中に配信されてるな、この写真。

CrRHG4EVIAAx1cx

 

 

 

 

 

ほぼ毎日通院してくる78歳の女性の患者さん、

「サッカー見てから目がさえちゃって12時過ぎても寝られなかった。」

 

 

 

 

 

 

 

さすが、ワールドカップ最終予選ともなると見てる人多いんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、面白くなってきましたね。(不謹慎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ