ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.05.16

ワタシのスタジアム今季初勝利でルヴァンカップ予選1位通過。

Pocket

 4月から続いた週2ペースの怒涛の連戦も

今回が最後のホームゲーム、今週末のアウェイガンバ大阪戦で終了し、

ワールドカップの中断期間に入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水曜日の埼玉スタジアムでのカップ戦。

さすがに今日は駐車場がすいている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、今日は重要な試合である。

ルヴァンカップ・グループリーグ突破がかかる最終節なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまでグループ首位のレッズは、

引き分け以上なら、プレーオフステージに進出できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、敗戦の場合、他会場でのガンバ大阪対名古屋グランパスで、

ガンバ大阪が引き分け以上だと、グループ敗退となってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日はメインアッパーは解放しないようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今日は時間に余裕があったので、蓮田SAで、夕食用にお弁当を調達してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのかき揚げ弁当が、大のお気に入りなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エビ天でもキス天でもなく野菜かき揚げ弁当550円。

このようにぐちゃぐちゃにして(?)食べるとオイシイ。\(^o^)/

 

 

**********************************************************************************************

2018年YBCルヴァンカップ予選グループ最終節

浦和レッズ  1-0    サンフレッチェ広島 (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-0)

   (後半 1-0)

**********************************************************************************************

 

 柏木、興梠、武藤などを温存しても、

武富、マルティノス、岩波、李忠成とスタメン級の選手は豊富なレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に言えば、ここでカップ戦を敗退したら、リーグ戦だけでは選手層が厚すぎて

レッズの選手はだぶついてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先ほど述べたようにレッズは引き分け以上でOKだが、

サンフレッチェ広島は勝たなければ突破はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サンフレッチェ広島は現在リーグ首位、絶好調である。

しかし、試合はレッズの攻勢で進む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的な感想だが、最近のレッズはリーグ戦より、

カップ戦の方が生き生きしていて試合が面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アタリも強く、寄せも早い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、前半はスコアレス。

引き分け以上で良いので、あせることはないが、不用意な失点で負けてしまっては元も子もない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして66分。

絶好のチャンス到来。

相手DFがエリア内でハンドを犯し、PKゲット。

李忠成は早くからボールを手にしてける気満々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところがコレを止められる。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その10分後、

相手ディフェンダーからボールをからめとったマルチノスからのボールを

李忠成が左足でシュート。

ボールは、相手GK林の指先をかすめてゴール隅に突き刺さった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PKを失敗したFWが自ら得点を取ると、すっごくウレシイ。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、ロスタイムに入る。

ロスタイムは何分?

表示出なかったような気がしたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局4分余りのロスタイムも、この1点を守り切り、1-0で勝利。

グループリーグを首位で通過することになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、ワタシの今季初勝利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他会場はガンバ大阪がホームなのに1-4で名古屋に負けており、

それでもサンフレッチェ広島に勝ち点2差をもって2位通過になった。

もし、サンフレッチェがレッズに勝っていたら、

サンフレッチェとレッズが通過だったわけで、

ガンバは予選敗退になったはず。

よっぽどレッズを信頼して1-4で負けたのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プレーオフステージではヴァンフォーレ甲府とH&Aで戦うことになったらしい。

まだまだ、先は長いが、とりあえず良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ