ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.07.16

ワクチン戦争

Pocket

東京オリンピックの開幕を直前に控え、

東京都の感染者数は連日1000人越え。

先行きが不安です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ワクチン接種の済んだ高齢者の感染者や重症者は減少し、

医療現場でのクラスターもなくなりました。

感染者の中心は20代、30代の若者だということなので

やはりワクチンの効果は確実だなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうインドネシアで新型コロナウイルスの爆発的感染拡大が

大きな問題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日あたり5万人の感染者、死者数も800~1000人/日というから

かなり深刻です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、2回のワクチン接種を受けた医療従事者から

181人も死亡者が出ている、というのが怖いところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インド由来のデルタ株の蔓延も重大ですが、

インドネシアで主として打たれていたのは、

中国製の「シノバック」だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、中国製・・・・😴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためインドネシア政府は3回目のブースター接種を

アメリカ、モデルナ社製のワクチンで10月に

医療従事者に優先接種することを決めたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイでも同様のことが起きていて、

やはり「シノバック」を2回受けた医療従事者に

「アストラゼネカ」社のワクチンを

ブースターショットする予定らしい。

アストラゼネカのワクチンは以前解説したように

ウイルス・ベクターワクチンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国製のワクチンは民間企業「シノバック」と

国営「シノファーム」製があるが、

いずれも「不活化ワクチン」という、

従来型の病原体の毒性を減じたワクチン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民間企業シノバックが開発したワクチンは、

ブラジルで行った臨床試験(治験)で

有効率がわずか50.4%にとどまった。

トルコで行った別の治験では83.5%の有効性だった。

国営シノファームが開発した

2つのワクチンの有効性は79.4%と72.5%。

一方、米ファイザー・独ビオンテック連合や

米モデルナが開発したmRNAワクチンは

それぞれ、97%と94%に上る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりワクチンは新型コロナを契機に

新時代に入ったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで「シノバック」「シノファーム」の

「シノ」は「中国の」という意味の接頭辞「sino-」

に由来します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「sino-」は、たぶん「シナ」「支那」のことでしょう。

中国のことを「シナ」と呼ぶのは

最近は右翼系の人たちだけのようで、

ある種の差別的表現ともみなされていますが、

中国のメーカーが自ら名乗ってるということは、

別に蔑称というわけではないのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「支那そば」「シナチク」は大丈夫らしいですが、

Microsoft Windowsの日本語入力システムでは

「しな」は「支那」に漢字変換出来ないのは

今回、文章書いてて初めて知りました。

いろいろメンドクサイ因縁があるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、国家の威信をかけて命名した

「シノバック」、Sino(中国の)Vac(ワクチン)でしたが、

やっぱり「メイド・イン・チャイナ」かー、

ということになりつつあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばロシアがまた国の威信をかけて開発した

ワクチンの名前は「スプートニクV」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはもちろん1957年に旧ソビエトが

人類初の人工衛星として成功させた

「スプートニク1号」にあやかっていると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スプートニク1号の成功は、

特に東西冷戦下にあったアメリカ合衆国の国民に

パニックをもたらしたため、

これは「スプートニク・ショック」と呼ばれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプとしてはアストラゼネカ製と同じ

アデノウイルスベクターワクチン。

有効性は91.6%といわれ、

プーチン大統領いわく

「カラシニコフ並みに信頼できる」😮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラシニコフAK-47はロシア製の自動小銃で

1947年の採用以来、現在に至るまで

世界各地の軍隊、テロ組織に用いられ、

世界中のありとあらゆる戦争、紛争地域で人々を殺傷し続けている。

『世界で最も多く使われた軍用銃』として

ギネス世界記録に登録されているほどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人類を救うワクチンを兵器に例えるとは、

やはりプーチン、ヤバイ奴。

スプートニク1号もアメリカを脅かす軍事的プロパガンダでしたが、

今回のスプートニクワクチンも世界制覇の道具

と認識してる、ってことでしょうね。

「スプートニクV  」の「V」は

「Vaccine」かと思ったら「Victrory」らしいですし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロシアも中国も胡散臭いところのある国なので、

個人的にはそんな国のワクチンを打つのはためらわれる。

日本は今のところファイザー、モデルナで良かったなあ。

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ