ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.03.21

ローリングストーンズ展、行ってきました(後篇)

Pocket

 続きです。

 

 

 「マダ、マダ、ツヅックヨー」は

ローリングストーンズのライブ盤「Flash Point」の中での

ミック・ジャガーの日本語MCです。

 

 

 

 

 さて、楽器ばかりではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミック・ジャガーの手書きの歌詞ノートなども展示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの曲がここから生まれたのかと思うと、また思いもひとしお。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 推敲のあともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1975年、オレは高1だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあとはジャケットやポスターのアートワークのコーナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルバムジャケットの原版や製作過程がわかる仕組み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レット・イット・ブリードは大好き、曲もジャケットも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山羊の頭のスープはキャサリン・ヘップバーンだったとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イッツ・オンリー・ロックンロールは中学生の時。この頃はみなLP盤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラブ・ユー・ライブのもとはこの写真だったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 言わずと知れたアンディ・ウォーホールの作品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他にも「女たち」の原版、製作過程。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アンダーカヴァーのカバーの下の写真、(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参考までにアルバム「アンダーカヴァー」のジャケット。

US盤ではこのステッカーが剥がせたが、

日本盤では印刷でした。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 USツアーのこの鷲は、もとはこんなアイディアスケッチから。(^^;)

 

 なんか、かわいいぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次のコーナーはストーンズの衣装について。

時代とともにスタイルを変化させていくストーンズの歴史が見て取れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに「Rolling Stone Gathers No Moss」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リズム&ブルース、グラムロック、スワンプ、ディスコ、ヒップホップ・・・

しかし、根底に流れ続けるのはロックン・ロール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後の展示はストーンズのコンサートの巨大セットについて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1990年のスティールホィールツアーの時、初来日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ結婚前の妻と一緒に東京ドーム行きました。

ストーンズが生で見られるなんて夢のようだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして2006年のビガーバンツアーの時は家族4人で東京ドームへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 セットリストの展示もあり、バンドマンとしては興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲のキイがかいてあります。

アンジーはAm、ビースト・オブ・バーデンはE・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後にストーンズライブの3D映像をみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 控え室が、バックステージ風に作ってあるのも気が利いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映像は「サティスファクション」のライブでした。

何回も聴いた曲なのに、ちょっと感動で泣きそうになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出たところにあったキース・リチャーズのカセットレコーダー、フィリップス社製。

こんなモノまで・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出口のショップでTシャツを購入。

ベロ出し動画キャンペーンに応募するとグラスをもらえる、というので応募。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やったあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、ストーンズでお腹いっぱい。

何より空いていたので、せかされることもなく隅々までじっくり見られました。

改めて、オレは本当にストーンズ好きなんだ、ということに気づかされました。

中学生時代から、45年あまり、ストーンズがずっとともにあったわけで。

高校生の時、父が急死した時、ずっと部屋で聴いていたのはストーンズだった。

しかも、まだ「現役のバンド」である、というのもスゴすぎますね。

また、元気出てきたなあ。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ