ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.03.20

ローリングストーンズ展、行ってきました(前篇)

Pocket

 水曜日の午後休診は、何かと重要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 発売と同時に買ったザ・ローリング・ストーンズ展のチケットは、

「3月・平日限定・早割」チケット。

一般は3500円、土日祝だと3700円のところ、2500円とオトク。

おまけ付きチケットなんてのもあってピンバッジセット付きは13500円。

ストーンズファンは年齢層が高くお金あるからなあ。

まあ、安いにこしたことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週15日金曜日開幕のこのイベント、

3月の水曜日は来週もう一回あるが、

春休みになりと混むかな、と思い今日の方にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場は「五反田メッセ」。

きいたことない場所。

山手線は数知れずのっているが、五反田駅で降りるのは人生初かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入場待ちの列はなく、すんなり入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入って、いきなりベロマークのジャガー。

カッコイー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうか、ストーンズは大英帝国のバンド、しかもミック・ジャガーだしなあ。

ジャガー欲しいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場内は撮影可らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初はおそるおそるシャッターを切っていたが、

一眼レフでカシャカシャ撮ってる人もいたので、

安心して写真を撮る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーンズのメンバーが暮らしていたロンドンのアパートを再現。

           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、もっとも見たかったのはこのギター類の展示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際にライブやレコーディングで使われたギター類が年代順に展示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブライアン・ジョーンズのダルシマーまであった。

やっぱ、ブライアンは楽器ヲタクだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コンサートのポスターやフライヤーなども展示。

アレックス・ハーベイの名前なんかがありますね。ナツカシイ。

その上のザ・バーズは有名なデビッド・クロスビーとロジャー・マッギンの

あのザ・バーズではありませんね。

「霧の8マイル」などで有名なアメリカのバンドのスペリングは「The Byrds」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、ロネッツの名前も。

同じステージに出ていたとは・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キース・リチャーズの日記。

あのキースが日記をつけていただけでもビックリだが、

これが小さい、細かい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハーモニーのギターを買うぞ、なんてことも書いてあるらしい。

意外と、几帳面だった??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは、チャーリー・ワッツのラディック。

リンゴ・スターと色違いで同じ店で買ったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここからミック、キース、ブライアン、ビルの背中を見てたのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはスタジオを再現したコーナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ダン・アームストロング/アンペッグのルーサイトギターはもってるぞ。

コピーモデルだけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、70年代のギター類。

ストーンズ、このちょい前あたりからリアルタイムです。

このテレキャスター・カスタムは当時よく使ってましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1975年というと、ミック・テイラーが脱退し、

グレート・ギタリスト・ハンティングを行っていた時代ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マイク切り替えのトグルスイッチが上部から

リアピックアップのトーンコントロールのあった位置に移設されています。

やっぱ、あの位置はカッティングの邪魔になるかななあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ミュージックマン。

1本目を盗まれてからは機内に持ち込むことにしたと

当時の雑誌で読んだ記憶がありますが。

キースのギターチョイスはみんな好きだが、

このギターだけはちっともカッコよくなくて、全然欲しいと思わないんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、このレスポール・ジュニア。

ワタシの最も好きなギターです。

キースのTVイエローのダイスがついた奴は残念ながら展示無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このギター、なんと塗装剥がしてのマホガニーカラーだったんですね、はじめて知った。

ワタシの所有するジュニアくんもキースの仕様にならって

ストラップピンをネック裏からツノの部分に移設、ブリッジをバダスに変更しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キースのエピフォン・カジノ。

マージービートには欠かせないギターです。

これもストラップピンがホーンに移動。

ワタシの所有するカジノちゃんも同じです。

こんどビブラートアームつけようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはロン・ウッドのストラトキャスター。

彼が加入直後のミュージックライフ誌のグラビアで

このギター弾いてミックと絡んでいる写真がやたらカッコよくてあこがれていました。

それが頭から離れず、20年以上たって似たようなモデルを購入。

もちろん本家フェンダーのビンテージではなく、フェンダー・ジャパンの中古ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ミック・ジャガーのギブソン・ハミングバード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、ロッカーのアコギといったらマーチンではなく、ギブソンでしょ。

ワタシのハミングバードは国産のオービル・バイ・ギブソンです。

・・・・みんな、これやな。

普通は張り付けてあるだけのピックガードがビスで止められていますね。

なんか、カッコイイ。真似しようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キースのミカウバーや335はさすがに無かったなあ。

ロニーのゼマティスもあったけど

残念ながらワタシはゼマティスは全く興味が無いもんで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここまで書いてきましたが、まだまだ、盛りだくさんなので、

続きは後篇で。

 

 

 「マダ、マダ、ツヅックヨー。」(←これがわかるヒトはちょっとしたストーンズ通)

 

 

 

 

 

 

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. ザ・ローリング・ストーンズ展 Ⅰ

    ロック・ポップスには興味のないかみさんとは別行動になり、

     わたくしは五反田のTOC五反田で開催されている 「ザ・ローリング・ストーンズ展」 に行ってきました。

     世界の主要…

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ