ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2008.11.06

ロックな高校生リターンズ(第3話)

Pocket

 
 さて、バンド活動からは遠ざかっていたが、ロックは相変わらず生活の一部だった。
受験生といえども、ロックなくしては暮らしていけない。
 主な情報ソースはFMラジオであったが、ロック好きの友人とレコードの貸し借りは良くやっていた。
特に、ロック・ボックスの時、ロンドンブーツを貸してくれたTは、ロックのレコードをいっぱい持っていた。
ロバート・プラントみたいにクルクルの長髪(当時ロン毛なんつー言葉はない)で、
おまけに茶色に染めていた。(茶髪っていう言葉もないよ、くどいようだけど。)
足高、校則ゆるいなー。
「おー、『エクソダス』、よかったよ。サンキュー。」
借りていたボブ・マーリーのレコードをTに返す。
CDと違ってLPは、でかいから持ち運びが大変。
学生カバン(ペチャンコでステッカーべたべただった)は、自転車の荷台に縛りつけ
レコードは前のかごに入れるのだが、斜めにしか入んなくて
片手で抑えて自転車こいでた。
「なあ、レゲエ、いいだろ。今度、サンタナも貸そうか?」
「いやー、サンタナはなー・・・。」
こいつはサンタナの大ファンだった。
「そりゃそうと、オグラ、足高祭、なんかやんの?」
「何かって・・・。」
「バンドだよ、バンド。」
 うーん、そこだ。
私が通ってた足利高校は、学園祭、体育祭、球技大会が3年周期でローテーションする。
つまり学園祭って3年に一回しかないのだ。
しかも、我々の学年の場合、3年生で学園祭が回ってくる。
1年生の時、体育祭で2年、3年の先輩にあれこれ言われ(縦割りのクラス対抗なのだ。)
花の2年生の時に、どーでもいい球技大会があり、
一番盛り上がる学園祭のときに、大学受験準備でろくに参加できない、って言う最低のめぐりあわせなのだ。
「それじゃあ、T、お前は、やんの?」
「いやー、俺とこのバンドは、だめだなー。
それより俺はレコード・コンサートをやる。題して『アフリカン・ミュージックを考える会』だ。」
「アメリカン・ミュージック?」
「アフリカン・ミュージックだよ、オグラ、やっぱロックのルーツは黒人だよ。アフリカだよ。
ボブ・マーレイ、サンタナ、アース・ウインド・アンド・ファイヤーだよ。
みんな、アフリカにルーツがあるんだよ。」
「うーん、オレはやっぱりブリティッシュ・ロック派だなー。」
「そっかー、でもサンタナいいぞー。
ライブ盤の『ロータスの伝説』な、1曲目なんて『瞑想』ってタイトルで1分間だまって瞑想してるから音楽、全然入ってないのよ。
すげーだろ。」
 どこがすげーかわからんが、ビデオならともかく音楽はいってないレコードつまんないだろーよ。
なんか損した気がするぞ。(もちろん、当時家庭用ビデオなんかないわけだが)
 俺なんか、レコード買うときに裏に書いてある演奏時間を合計して、
少しでも長い方を買ったりしたものだ。
セコイちゃあセコイが、レコードなんか、おいそれと買えない身分だった。
特に親父が死んでからは、小遣いは半減し、ロック雑誌等も買えなくなった。
LPなんか当時1枚2500円くらい。
今より高い!
 しかし、Tの奴はロックオタクだねー。
アースなんてその後有名になったけど、当時はまだまだマイナーだった。
アフリカン・ミュージックもその後、ピーター・ガブリエルやトーキング・ヘッズが
アフリカン・ビートを取り入れるのはこの話の3年後くらいだから
T君は先見の明があった、というわけだ。
 さて、それはともかく、やっぱ学園祭っつたらバンドだよなー。
高校生活で、唯一の学園祭、ここで演奏したいなー。
女の子も来るしなー。
いっちょ、メンバーに声かけてみっか。

3件のコメント

コメント/トラックバック (3件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ロックな高校生、楽しませていただいてます。茶髪でクルクルパーマのTさん!記憶にあります!!私が中学生のころ登校の際に坂道を自転車で下ってくるTさん(もうすでに思い込みかもしれませんが)田舎の女子中学生は、ビックリ仰天!!!口をあんぐりとして見ておりました。登校外での目撃情報もあり、あれやこれやと勝手に盛り上がっておりました。そんなある日、一人の子が「私、あの人にウインクされた!!」「え~私も」「私も」異様に盛り上がる中、実は一緒に盛り上がっている私にはウインクをされた覚えもなく・・自分の容姿はいけてない!を自覚した瞬間でございました。今となっては、ウインクについても真偽のほどは定かではありませんが、あまりにも懐かしくてお邪魔いたしました。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いやー、そこ来ましたか。
    確かにクルクルパーマのT君は実在の人物です。
    そっかー、やはりあれは目立つよねー。
    あの時代だしねー。
    ウインクの件については真相は不明ですが、奴がそんなとこで話題になってたとは知らんかったなー。
    Tとは卒業後会ってないし、どこ行ったかも知らないのですが、ロックやってますかねー。
    ちなみに彼は高校時代はロック・スターみたいな髪型だったわけですが、中学の時は当時の足利市の中学の校則で丸刈りのボーズ頭だったわけです。
    入学直後のクラスの集合写真の彼の姿は結構笑えます。
    (いや、オレもボーズだったんすけどね・・・。)

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お忙しい中、ご丁寧に申し訳ありません。
    ブログを拝見するがあってもコメント投稿なんて
    これまでしたことがありませんでしたが、懐かしくて・・・
    ベイシティローラーズなんて懐かしすぎです。
    タータンチェックのブラウスやらハンカチやら靴下やらを
    身に付けて、市民会館へフィルムコンサートに行きました
    フィルムコンサートで大盛り上がり!!
    先生に言わせれば邪道でしょうが、やっぱり白馬に乗った王子様でしたね。
    目がハートに成ってる自分には口パクも
    まったく気づきませんでした。
    最近、彼らの近影をテレビで見ました。
    いやはや王子はどこに???(人のことは言えませんが)
    今の子は・・なんてよく口にしてしまいがちですが
    まさにその当時は自分も今の子・・だったんですね。
    正統派ロックな高校生、今後の展開が楽しみです。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ