ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2008.11.05

ロックな高校生リターンズ(第1話)

Pocket

 
さて、先日「ロックな高校生」として、私が高校2年生の時のバンド活動を
ほぼ実話で、小説化しました。
これが(一部の読者に)かなりウケたので、
今回、その続編として、私の高校3年生の時の出来事を、ノン・フィクション・ノベラライズしてみます。
その後の、ロックな高校生の活躍に、ご期待ください。
我々、「アースバウンド」のメンバーは、3年生になっていた。
 その後バンドは、練習もしてない。
 受験かー。そろそろ勉強もちゃんとやんねーとなー。
そんな、ある日ギターのEが、俺と、ベースのOのいる5組の教室まで来て声をかけた。
「放送部の部長のOの奴がさー、俺たちにDJやってくれっていうんだよー。」
「何、ディスク・ジョッキー?どこで?」
「お昼の校内放送。」
「何だ、校内放送かよ、でも、おもしれー、やるか。」
 ロック・ボックスが終わって、我々はちょっとした有名人だった。
運動部もあまり盛んでない、進学校では、バンドやって市民会館出たなんて、前代未聞である。
 んで、お昼の校内放送、それまではどーでもいーよーな
イージーリスニングや映画音楽なんかがかかってたのだ。
それも、日替わりランチのようなメニューの少なさで
毎週毎週同じ曲。
ポール・モーリアとレイモン・ルフェーブルとカラべり・オーケストラのヘビーローテーションだった。
 当時は、深夜放送なんかの全盛期でラジオはみんな聞いてた。
DJというのは、今みたいにレコードをシャカシャカするヒトのことではなくて
軽快なおしゃべりに乗せてかっこいい曲をかけるヒトのことで
結構あこがれたもんだ。
 「番組のタイトルはどうする?」
 「ロック・ジョッキーは?」
 「ダセーよ、まんまじゃん。」
 「なんか、ロックのさ、曲のタイトルからとらない?」
 「お、いいねー、そーしよう。何かいいのあるかなー?」
 「”天国への階段”は?」
 「バカ、それじゃ、お悔やみコーナーみてえじゃねえか。」
 「”21世紀の精神異常者”は?」
 「そりゃ、さすがにやべーだろ。皆さん、お待たせしました、
  21世紀の精神異常者です、なんて。やっぱ、英語のタイトルがいいな。」
 「じゃあ”ブラック・ナイト”。」
 「あのなー、真っ昼間の校内放送だぞ。何でブラック・ナイトなんじゃ。」
 「うーん、”ロック・ステディ”は?」
 「おー、いいねー、それっぽい、それでいこー。」
 というわけで、番組タイトルは私の意見が通ってバッドカンパニーの曲から
「ロック・ステディ」に決定。
番組テーマはレッド・ツェッペリンの「ロックン・ロール」に決まった。
 かくして、記念すべきロックステディの一回目、われわれ3人は放送室に集まった。
「おい、部長、職員室は、切っとけよ。」
「あー、わかったわかった。」
 さて、テーマソングの「ロックン・ロール」のドラムのイントロが始まる。
 
”ずだだ、ずだだ、ずだ、ずだ、ずだだだずだだ(感じ、伝わってる?)”
「こーんにちはー、ローック・ステディーの時間でーす。カッコいいロックの曲を
ガンガンかけますよっ。」
「それでは、最初の曲、ツェッペリン待望のニューアルバム、”プレゼンス”から
”アキレス最後の戦い”、いってみよー。どうぞー。」
(何か、今や書いてても恥ずかしいが・・・。)
そこで部長にキューを出して曲に入る。
曲になると、ホット一息。
「お、いいじゃんいいじゃん。」
「気持ちいいな、DJも。」
「何か、プロっぽいよな。」
(若者は、怖いもの知らずである。)
で、曲を聞いてると、放送室のドアをノックする音。
誰かと思ったら、数学のN先生。
「(栃木弁で読んでください)もしもーし、職員室はー、すまんが音、しぼってくださいー。」
「えっ、ハイ、いや・・・、おい部長、だって職員室は・・・。」
「ああー、まじい、ボリューム、逆に10になってるー。」
一同「す、すいませんでしたー。」
 そんなこんなで、出鼻をくじかれたロック・ステディは程なく、打ち切りとなってしまった。
まあ、優しいN先生でよかった。同じ数学でもK先生なら、どやされてたなー。
(ちなみにN先生は、現在市内で内科小児科を開業しているN先生のお父上で、
私、この当時このお父上の塾で数学教わってたのだ。)
 しかし、あー、やっぱ、DJよりバンドやりてーなー。
俺たちは、そんな思いにかられるのだった。

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
     高校3年編・とても興味深いです。
    市民会館でロンブーにデカ帽子で「えっ、ぶりばで、らぶたっ!」とか叫んでた小倉の兄貴(この時点で)が、
    いかにして医師になれたのか、聞くに聞けない実話が、
    31年の時を越えて明かされるとは!
     全国のロック少年に大志を抱かせる、ベストセラーに仕上げてください。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いかにして医師になれたかって、オレ、現役の時大学落ちてるし・・・。
    まあ、がんばりますので、ツッコミお願いします。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ