ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2014.05.03

ロックな憲法

Pocket

今日は「憲法記念日」。

 

 

 

 

 

 

小学校のころ、社会科は大好きであったが、

それは地理、歴史であって、

いわゆる中学で言う「公民的分野」、高校の「政治・経済」「倫理・社会」

は、チョー苦手であった。

(今でもそうだが。)

 

 

 

 

 

 

 

日本国憲法を習ったのは小学校6年生だった?

 

 

 

 

 

 

 

「主権在民」「平和主義」「基本的人権の尊重」

が、日本国憲法の3つの柱である、

(ということはテストのヤマである)

ということで、これだけはしっかり覚えた。

 

 

 

 

 

 

 

「基本的~」がなかなか出てこないのだったが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

太平洋戦争の敗戦を受けてアメリカから「押し付けられた」憲法であるとの批判もあるが、

ワタシとしてはアメリカが自国では成し遂げられない

「理想的な」憲法をこの特殊な状況で制定した、との印象がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

もとある家を増改築したりリフォームしたりではなく、

さら地にどーんと新規一戸建てを立てるみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その建て売り1戸建てがちょっと使いづらいので

リフォームしたがってる現政権であるが、

これはやはり変えるべきではない、というのがワタシの意見。

 

 

 

 

 

 

 

 

憲法はむやみに変えないから「憲法」なのであって。

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生のころとか

 

「あー、○○くん、それいーけないんだ。」

 

「うっせーなー、ケンポーにこれやっちゃダメって書いてあんのかよ。」

 

なんてよく言ってたけどw。

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、こんな、理想にあふれた

「ロックな憲法」を持っている日本国民はラッキーだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

戦争はどんな理由にせよ絶対イカンのだ。

 

 

 

 

 

 

5年前の憲法記念日の前日に亡くなった忌野清志郎が

生前、ライヴで、

 

 

 


「この国の憲法を知ってるかい 平和を訴えているんだ
John Lennonの歌みたいじゃないか」

 

 

 


といって、「イマジン」を歌ったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ