ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2010.02.12

レディア物語(第2話)

Pocket


 「ええと、柴犬で、小さめの、豆柴って言うんですか、そういうのがいいです。」
「正式には豆柴って種はないんですが、まあ、小さめの柴ちゃんですね。」
 3月末、我々夫婦はペットショップにいた。
「オスメスのご希望は?色はどうされます?」
「ええと、オスでもメスでもいいです。色ってどうなんですか。」
「柴犬には『アカ』『クロ』『シロ』があります。一般的な茶色のことを『赤柴』っていうんですね。」
だよな、やっぱ
それにしても赤、黒、白なんてまんま『浦和レッズカラー』じゃん。
でもそっから選ぶとすれば  だな。」
(常に私の選択基準は色に関してはシンプルだ。)
「じゃあ、それでお探ししますね。」
 といって、待つこと数週間。
見つかった、との連絡を受けてペットショップに向かう。
「柴犬をお願いしていた小倉と申しますが。」
「あ、はいはい、ちょっとお待ちください。」
 どきどき  どきどき どきどき
 「こちらのワンちゃんでいかがでしょう。」
 !おお、ちっちぇえー
 連れてこられた犬は、ほとんど手のひらに載る大きさだった。
 しっぽを丸めておびえてプルプル震えていた。
 「女の子ですよ。」
 なんか子犬っていうと、しっぽピンピン振ってぴょんぴょん飛びついてくるイメージだったので、
こいつ、大丈夫か、という気もしたが、ダメだという理由もないし、
まあ、こんなものなのかな、と思って、決定。
 ケージ、餌の皿、水飲みボトル、ペットのおもちゃ、首輪、ペットフードなど言われるままに一式購入し、
飼育の注意、予防接種等について、一通りの説明を受ける。
「もし何か不都合がありましたら一か月以内でしたら、別のワンちゃんに交換ができます。」
 その時は、ふーん、と聞き流していた。
 かくてみずきの10歳のバースディ・プレゼントとして我が家に犬がやってきた。
P4230207_convert_20100211111111.jpg
                       P4230208_convert_20100211111200.jpg
 さてうちに帰り、ケージをリビングに据え付けて、
水飲みボトルも高さを見ながらセットした。
 子犬は、ケージの一番隅に体がめり込むくらい張りついて、怯えていた。
 我々が犬の方に近づこうとケージの裏に回ると、避けるようにすたすたと反対側に移動する。
 こいつ、ほんとに人になつくんだろか。
P4260213_convert_20100211111321.jpg
(寒さ対策で新聞紙を張りめぐらしたケージ)
 名前は、家族で相談の末「レディア」に決まった。
 浦和レッズのマスコットのレディアは男の子で、フレンディアちゃんという彼女(いまは奥さんか)がいるが、
語呂が悪いので「レディア」で行こうということになった。
 しかし、この先、とんでもない事態が待ってたのであった。
 ~波乱の最終回に続く
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ