ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2010.02.11

レディア物語(第1話)

Pocket


 
 我が家の駄犬「レディア」はこの2月で満5歳になる。
P2110054_convert_20100211132911.jpg
(愛用のおもちゃ通称「3号(過去の同じ形のものを破壊して3代目なので)」を咥える今日のレディア)
 早いもんですね。
 小倉レディア誕生にはちょっとした経緯があった。
 今を去ること5年前・・・・


「おい、みずき、誕生日のプレゼント、何か欲しいものある?」
「うーん、ちょっとある。」
「何だよ。」
「言えない・・・。」
 なんだ、そりゃ。
 と思っていたら、ある日妻が、
「みーちゃんはね、犬が欲しい んだって。」
「犬かよ。」
「あの子動物好きだけど、猫はすごいアレルギーでしょ。
父ちゃんも猫アレルギーだから猫が飼えないことはわかってんのよ。
だから、誕生日に犬欲しいって。」
 来たかー。
 実は、私は小さいころから猫を飼っていて、大好きだったんだが、
成人してから「猫アレルギー」になってしまい、
なぜると顔や目がかゆくなり、くしゃみ鼻水も止まらなくなる。
 これが見事に娘に遺伝して、彼女は猫飼ったこともないのに、
極度の猫アレルギーなのだった。
「でも、ウチ、庭ないぞ。」
「ミニチュア・ダックスとかトイ・プードルなら室内で飼えるわよ。」
「オレは、犬飼うなら日本犬以外ダメだ。
第一、この狭い、ちらかったリビングじゃあ小型犬でも飼えないぞ」
 話は、いったん途絶えたが、みずきの「犬飼いたい」はますます膨らんでいった。
 オレも、犬も猫に劣らず大好きだけど、飼うのは我が家ではちょっと・・・、なあ。
 ところがその後、実現は困難かと思われた犬購入が大逆転で決定。
 実は、その裏には、ずっと家族にダメと言われてた
私の新車購入という裏取引があった。
 その車は「ホンダS2000」、オープンのスポーツカーである。
発売以来、絶対欲しい、と思いひそかに貯金を始めた私だが、
(免許はオートマ限定じゃないんだけど)オートマしか運転できない妻に
6速マニュアルの2人しか乗れない車なんかダメ と言われ続けていた。
 ところが犬を飼う条件として
「庭が無いので、ガレージを作りその屋根を犬飼うスペースに、
で、そこにS2000を。」
という、我ながらムシのいい密約を交わし、交渉成立。
 ついに我が家に犬がやってくることになった。
 ~続く
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ