ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.10.17

ルヴァンカップ準決勝、逆転で勝ち抜け

Pocket

 佳境に差し掛かるリーグ戦の合間に

ルヴァンカップはついに準決勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手は現在2位で首位神戸を追う横浜Fマリノスだが、

レッズもまだ3位まで順位を上げている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 決勝は一発勝負だが、準決勝はホーム&アウエイの2戦で決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年のリーグ戦対戦成績は

第2節のマリノスのホームゲームで2-0でマリノスの勝利。

第22節のレッズのホームゲームで0-0のドロー、

と1敗1分け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第1戦はマリノスのホーム、日産スタジアム。

ここは何とか、引き分け以上でホームに帰りたかったが、

 

*********************************************************************************************

2023YBCルヴァンカップ 準決勝第1戦

横浜Fマリノス  1-0   浦和レッズ (日産スタジアム)

    (前半      0-0)

    (後半  1-0)

*********************************************************************************************

 以前も書いたが、もしレッズが決勝に進んだ場合、

11月4日を休診にするのはかなりキビシイので、

レッズを応援しつつも、

負ければ悩みが無くなる、

という複雑な心理で見る試合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は双方にそれなりのチャンスはあったものの、

両者ともに守備を固めた硬い展開だったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 61分にレッズ荻原が相手クロスにボックス内で痛恨のハンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むー、当たってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをアンデルソン・ロペスに決められ0-1。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局これが決勝点となり第1戦を落としたレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第2戦は日曜日のゲームだったので、

行こうと思えば、行けたのだが、

前述のような理由で、どうもモチベーションが上がらず。

今回もスカパー観戦だった。

*********************************************************************************************************

2023年YBCルヴァンカップ 準々決勝第2戦

浦和レッズ    2-0    横浜Fマリノス (埼玉スタジアム2002)

    (前半  0-0)

    (後半  2-0)
*********************************************************************************************************

 開始早々の15分。

左サイドの荻原からのクロスをホセ・カンテが上手くためて、

早川に流し、早川が見事にゴールに流し込んだ。

レッズ先制、と思いきや、

VARから待ったがかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リプレイではビミョー。

オンサイドのようにもオフサイドのようにも見えたが、

結局、わずかな差でオフサイドとなり、

ゴールは取り消された。

このレヴューを見れば、納得せざるを得ない。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後もレッズが主導権を握って攻め続けるが、

ゴールを奪うことが出来ない。 

VAR判定のため6分という長いロスタイムがあったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局0-0で前半を終える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま得点が入らなければマリノスの勝ちである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半がはじまり61分。

早川がエリア内で倒されPKを獲得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 蹴るのはショルツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをGKの逆を突いて見事に決める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでトータルスコアが1-1となり、

ゲームは振出しに戻った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も惜しいシュートもあったがゴールならず。

延長突入かと思われた88分。

髙橋利樹のショートパスから敵陣ペナルティーエリア内に抜け出した荻原が

ワンタッチでクロス。相手DFに弾かれたが、

ここでVARの審議。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは明らかに手に当たっており、

判定の結果はペナルティ・キック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボールをセットしたのはまたもショルツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1試合に2回蹴るのはかなりのプレッシャーだと思うが、

前回2本目のPKを蹴ったホセ・カンテは最終的には決めたものの

一度キーパーに弾かれてるからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は相手GKの読みは当たっていたが、

ここしかないというコースに早いシュートで

ポストに当たってゴールイン。

サスガです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トータルスコアを2-1にひっくり返し、

レッズが決勝進出を決めた。

振り返ると、この準決勝2試合の3得点はすべてPKであった。

VARがなければ、いや、あれはPKでは無かった、

などと言い出す奴もいるだろうから

判定がすっきりしてやはりVARは良いと思う。

特に1戦目、自ら与えたPKが敗戦の原因となった荻原が、

逆に決勝弾となるPKを相手から奪ったわけで、

荻原君にとっても本当によかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、11月4日土曜日、どうしたものか。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ