ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.06.10

ルヴァンカップ敗退。ランチは美味しかったけど。

Pocket

第1戦を0-2で落としたルヴァンカップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地参戦、いろいろ迷ったが、結局行くことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由その①0-2とはいえ、相手はJ2。

ホームで2-0なら、延長まで持ち込んでも勝機はある。

その②土曜日4時は行きやすい。特に夜ライブの予定などもない。

その③天気がよさそうだ。

その④前から気になっていた食べたいものがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、その④である。

いつものキッチンカロリー。

駐車場の看板に「とんかつ&厚焼ロース」とあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「厚焼ロース」は看板メニューらしい。

メニューでも赤文字。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店一押しのコレでいってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来ました。

デカイ、アツイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、美味い!

厚いのだけど、超柔らかい。

ナットクの一押しメニューでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などと、一応の達成感をもってスタジアムへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋岡君もトゥーロンから帰ってきたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジサイも咲き、梅雨だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*********************************************************************************************

2018年YBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦

浦和レッズ  2-1   ヴァンフォーレ甲府 (埼玉スタジアム2002)

  (前半  2-1)

  (後半  0-0)
*********************************************************************************************

さて、第2戦。

レッズは3点差以上の勝利が求められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲府がかなり有利だが、2-0なら延長戦。

そうなればアウェイゴールルールが無くなりPK戦まで含めても

ホームチームが有利といえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、甲府、気合入ってんなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを勝ち抜ければ17年ぶりのJ2勢のベスト8らしい。

一方、本日はメインアッパーの開放は無く、ややサビシイスタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合開始。

レッズは4バック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲府がどう来るかが見ものであったが、

ドン引き作戦ではなく、ラインをコンパクトに、前線からボール奪取に来る。

やるな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、前半19分、エース興梠が左足を振り抜き、先制。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、反撃の狼煙が上がった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、24分、またしても興梠が巧みなループシュートで2点目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、得点差はチャラになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題は次の1点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを、レッズがとればトータル3-2でレッズの勝ちになるが、

甲府が取った場合2-3になりしかも、アウエイゴールルールの適応により

レッズが1点返しトータルスコア3-3に追いついても甲府の勝ち抜けになってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがわずか3分後、

そのアウェイゴールを奪われてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やってもうたー。(T_T)

この1失点でレッズはこのあと2点取らねば勝ちはないことになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズは次々と交代選手を投入。

後半開始早々から柏木。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゴールを狙いにく。56分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゴールポストやクロスバーなど惜しいチャンスもあったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アウェイゴールの1点が重くのしかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロスタイム4分。

だが、ココで1点ではなく2点必要、というのはキツイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、ゴール奪えず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天気は悪くなかったし、時間もちょうどよく、

厚切ロースは、予想以上の味であったが、①は達成できなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰り道のアジサイは行きと違ってどことなくウエットなイメージでした。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ