ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.12.07

ルブリンスキー、知ってる?

Pocket

ワレワレ耳鼻咽喉科は日常外来で処置や小手術を行うことが多い

特殊な診療科です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに、内科など受診すると、

検査結果や画像を見ながら話するだけで、

触りもしないことが多く、

外来診療形態の違いを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、時代の流れとともに耳鼻咽喉科診療の形態も

少しずつ変化してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、これは何でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはルブリンスキー氏喉頭蓋起子といって

耳鼻咽喉科の外来で間接喉頭鏡検査のとき使う器械ですが、

若い耳鼻咽喉科のセンセイは、

おそらく見たことも聞いたこともないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 間接喉頭鏡というのは、

歯科のデンタルミラーのちょっと大きいもので

このように使って、口を開けただけでは見えない、

喉頭蓋~喉頭を観察します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中に喉頭蓋が、喉頭側に倒れこんでいて

喉頭の観察が困難な人がいます。

そのような場合にこの器具を使います。

サスマタ状の先っぽを喉頭蓋と舌根の間、

喉頭蓋谷に当ててぐっと押すと、喉頭蓋が前に倒れて

喉頭が観察できるというもの。

図の青い部分がルブリンスキーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 想像されるように、

よほどしっかりノドを麻酔しないと、

うえっとなって喉頭の観察どころではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシ自身、この器械を使ったことがありますが、

うまく使えたためしは殆ど無く、

すぐにファイバースコープに切り替えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう、ファイバースコープの普及により廃れた手技ですが、

ムカシはこれでみんな喉頭がんとか診断していたんです。

スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが勤務医のころは、

ユニットの器械の中に、

1本ルブリンスキーが入っていたものですが、

開業の時にはこの器械は購入しませんでした。

もう、今や使ってるセンセイはいないのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の記事は、耳鼻咽喉科医の読者向け、かな。

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ