ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2009.10.29

リフが命

Pocket


 最近、ロック一辺倒ではなく、クラシックを聴くこともある、
というのは、私のブログの読者の人はもう知ってますね。
 で、聴いていて、おっと思ったことがある。
 「この曲は『リフ』から作ってるな。」
 さて、リフとはなんでしょう?
 「リフ」というのはおそらく「リフレイン」から派生した言葉なんだけど、
繰り返し演奏される短い、カッコいいフレーズのこと。
 ロックの曲作りに際していわゆる「メロディー」から作る方法と「リフ」から作る方法がある。
 メロディーには「歌メロ」と「サビ」があり、
ビートルズなんかは「歌メロA、B、サビ」の3パターンで、
ストーンズは「歌メロA、サビ」の2パターンでできてる曲が多い。
 別にロックでなくとも、ポップスでも演歌でもこの型式は成り立つ。
 クラシックもピアノ曲なんかではこの手が多く、
ベートーベンの「悲愴」はビリー・ジョエルが歌詞つけて歌ってるし、
ホルストの組曲「惑星」の「木星」も日本人の女性歌手が歌詞つけて歌ってましたね。
 一方、リフから作るのはロック独特だ。
 ビートルズにも「デイ・トリッパー」とか「バースデイ」などがあるが、
代表的なのはレッド・ツェッペリン。
アルバム「レッド・ツェッペリンⅡ」は、カッコいいリフの宝庫だ。
 モーツアルトのジュピターの第4楽章を聴いていると、
4つの音の繰り返しが基本になってることがわかる。
 これは明らかにリフによる曲づくりだ。
 もちろん、ロックよりずっと先にやったわけですね。
リフって言葉はなかったわけですけど。
 リフというのはシンプルでカッコいいのがキモ。
 その意味でいくと、クラシック界で最も優れた「リフ」は
ベートーベンの交響曲第5番「運命」
いわずと知れた「ジャジャジャジャーン」でしょう。
 この第1楽章は完全に「リフ」による曲づくりで、
「ジャジャジャジャーン」が、手を変え品を変え繰り返されます。
 じゃあ、ロックで優れたリフといえば?
 パッと思い浮かんだだけでも
先のツェッペリンのホール・ロッタ・ラブ、ハート・ブレイカーをはじめ、
パープルのブラックナイト、バーン、
クラプトンのレイラ、クリームのサンシャイン・ラブ、ジミヘンのパープル・ヘイズ、
キンクスのユー・リアリー・ガット・ミー、フリーのオール・ライト・ナウ
T-レックスの20th,センチュリー・ボーイ、クリムゾンの21世紀の精神異常者、
グリーン・デイのアメリカン・イディオット、等々
あげればキリがありませんね。
 しかし、シンプルで、カッコいいってことでは、
ストーンズの最初の№1ヒット、
「サティスファクション」を越えるリフはない、
と私は思います。

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 22ac1b1a7ed3615837a06b6b9c43b6eb
    またまた、某看護学校のみずきです。
    クラプトン、クリーム、フリー、ジミヘン
    学生時代にやりましたねぇ。
    耳につく、リフがハートに響いて燃えたものです。
    ユーリアリーガットミー
    も、やりましたよ。
    本当に、先生のピックアップはドンピシャです。
    ツェッペリンⅡも、かつて死ぬほど聴きました。
    本当に、ロックって良いですね。
    ガラシャツ、ベルボトム、ブーツで楽器をしょって歩く。
    仲間が集まれば、たちまちセッションが始まり、朝まで演奏。
    いい時代でした。
    我が家は、PAやらアンプやら録音機材や楽器でひとつの押し入れ全てが埋め尽くされています。
    そのまま、野外ライヴできますよ。
    実際、かつてはやっちゃったりしてましたよ。
    先生のお話はハートが熱くなります。
    また、お伺いします。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    えー、コメントありがとうございます。
    相変わらず「濃い」コメントでびっくりします。
    CRPのライブ、次回の予定が決定しました。
    12月5日(土)足利織物会館地下GOKURAKU-YAで
    7時開場、8時開演、チャージ、ドリンク無料です。
    是非皆様でお越しください。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ