ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.10.14

ラウドパーク、急遽参戦

Pocket

 

土曜日の午後、突然こちらに出向くことになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来は、この時間、埼玉スタジアムでヴィッセル神戸戦を見るはずであったが、

場所近いけど、サッカーではナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレっす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘が、トモダチと行くつもりで、チケットとったのだが、

そのトモダチが語学留学の日程とかぶっていたのだという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ワタシはロックは大好きだが、メタルは不得手である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが娘の「お目当て」はナント「アリス・クーパー」。

コレはワタシも大好物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに「門前の小僧習わぬ経を読む」である。(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

開場はさいたまスーパーアリーナ。

以前は、グリーンデイやクイーン&ポール・ロジャースを見に来たことがあります。

2つのステージで交互に演奏が展開される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめてメタルのライブ会場に来てわかったこと。

お客さんは全員「黒のバンドT」を着ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンドの種類はまちまちだが、色は必ず「黒」。

何か、政治的、あるいは宗教的な団体のようだ。

なかにはよく見ると「ラモーンズ」のTシャツで、

おい、それちげーだろ、という人もいたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココでもし赤なんか着てると、埼玉スタジアムで青いシャツ着てる以上に違和感がある。

たしかに「メタルファン」も「レッズファン」も

ある意味「宗教的な集団」といえないこともないなあ。

ワタシも黒を基調とした格好で正解であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて最初に聴いたのは「Opeth」というバンド。

もちろん初めて聴くが、

Wikiによるとスウェーデンのプログレッシブ・メタルバンド、とのことであった。

メタルは不得手でもプログレなら得意技だ。

プログレ世代のワタシにとっては何となく、懐かしみのある聴きやすいバンドであった。

ちなみに読みは「オーペス」だそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次のバンドは「Overkill」。

ステージの後ろが、マーシャルの「壁」になっているので、危惧していたが、

やはり、そんなバンドであった。

スラッシュメタル、1,2曲はいいんだけど、

3曲目からは全部同じに聞こえてしまうワタシ。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、待ちに待ったアリス・クーパーである。

向こうのステージでオーバーキルやってる間にだいぶ前方に移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじまったー、

生アリス・クーパー、初めて見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてアリス・クーパーを知ったのはラジオではなく、音楽雑誌。

ヘビの巻き付くあのパフォーマンスの写真を見てビックリしたのは、もう45年前。

現在、御年69歳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衰えぬそのライブパフォーマンス、スゲエ。(◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サービス精神も手抜きなし。

ステージの、なにやらあやしいマシンにしばり付けられるアリス・クーパー。

機械に閃光が走り、スモークにおおわれると・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煙の中から現れたのは巨大なフランケンシュタイン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギタリストのお姉ちゃんを追いかけてステージを駆け回る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブロンドのギタリスト、美人でしかも超絶テク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他のメンバーもみんなカッコイイのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもギロチンのパフォーマンスや、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人形が、実物になって動き出す演出や、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかくショーマンシップ全開のステージで、

見るものを飽きさせない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シアトリカルロックの元祖にして、最高峰。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その唯一無二の存在ぶりを存分に堪能しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、アンコールは名曲「スクールズ・アウト」。

もう、完全にやられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 圧巻のステージが終わって、娘と乾杯し、

ヘッドライナーの「Slayer」は見ずに、家路に着きました。

娘は卒論がある、というのでまた東京に戻りました。

実は「School’s Out」を聴いて、

卒論迫ってることのプレッシャーを感じたらしい。(*^^)v

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ