ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2010.07.08

モップとナイキとバルタン星人

Pocket

 だから、今日も5時起き。
 以前より早起きがつらくないのは、高齢化のせいか?
 試合は、必ずしも守備的狙いでは無かったドイツが、
前半からスペインに押し込まれる展開だった。
 それにしても、スペインのパスはよく回ってました。
 クラブチームに比べて一緒にプレーすることの少ない代表チームですが、
ワールドカップの舞台で、その連携を高めてきた、ということですね。
 しかし、ポゼッションするパスサッカーが、
判定勝ち、優勢勝ちの無いサッカーというゲームで、
必ずしも成功しないことは、ブラジルが、アルゼンチンが、
そして、スペイン自身も予選リーグでスイス相手に証明してるところだ。
(極東の某赤いチームも、この1年余りいっぱい証明してるなー、レベルはかなり違うけど)
 で、後半のセット・プレーでした。
 プジョルは前半から気合入ってたしなあ。
 長身のドイツでフェンダーに比べて、
それほど上背があるわけではないが、
後ろから走りこんで、あの「モップ頭」を、一閃!
20100708-00000032-jij_vanp-socc-view-000_convert_20100708125601.jpg
 これで、決勝は「オランダ対スペイン」の対戦。
 どっちが勝っても初優勝だ。
 個人的には「オランダ対(西)ドイツ」の1974年の再現をちょっと期待してたんだが。
 ところで、上の写真にも写ってますが、プジョル、クローゼをはじめ、
今大会、あの、 「シルバー+かかと蛍光オレンジ」のスパイクが目立ちますな。
 これですね。
F102NK1990.jpg
 私がサッカーやってる頃はスパイクは「黒」と、決まってたもんだが、
ずいぶんカラフルになったもんだ。
 しかし、この色づかい、なんとなく「あるモノ」を連想させる。
 むかし、むかし、ウルトラ怪獣の「ソフビ人形」って、ちょうどこんな色目だったのよ。
img92608767mvrclc.jpg
 こんなこと連想するの、オレだけか。
 でも、毎試合、ずっと、気になってたんだもーん。
(フォフォフォフォフォフォフォフォ・・・・)
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    74年の再現を期待してました。
    フォクツがクライフを封じ込めた試合ですよね。
    ボンホフのセンターリング~ボンバーミュラーのゴ~ル。
    私がサッカーをやるきっかけになりました。
    因みに、先生のサッカー記事で時々出てくるヒデ長崎は、高校時代のサッカー部一年後輩です。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。
    ショーグンのいとこで、ヒデの先輩。
    濃いですね。
    13番ミュラー、っていうと、オヤジ世代にはたまりませんな。
    ただ、今のミュラーもっと、ごつくならないとなあ。
    やっぱ、ゴールハンターは肉食系じゃないと。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ