ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2011.08.08

ミューズロックフェス2011~前篇「やったぜ夏フェス」

Pocket


 日曜日はバンド「オーディオメトリー」として、
真夏の野外フェス「ミューズ・ロック・フェス2011」に出演してきました。
 場所は、長瀞のさらに先、秩父の山奥、ミューズパーク内の野外音楽堂。
 いやあ、暑いっす。
 しかし、これが夏フェス!
001_20110808113109.jpg
 なにせ、アマチュアバンドが次から次へ出てくるので
いろいろ個性があって面白い。
 このバンドはロック風お姉さんのボーカルを中心にした
Show-Yaとか浜田麻里系の
歌謡ハードロックバンドだ。
 歌うまかったっす。
007_20110808124943.jpg
 こちらはサムシングとかワンダフル・トゥナイトとか、ギターを聴かせる
スロー~ミディアムな曲を中心としたバンド。
020_20110808113107.jpg
 このバンドのコンセプトは分かりづらい。
犬(ウサギ?)のかぶりものをしたボーカル/ギターの人のワンマンバンドだと思うが、
リード・ギターはメタルだし、
ベースは古(いにしえ)のヤマハの「若大将モデル」を
派手なステージ・アクションのリーダー(?)の横で
微動だにせず黙々と無表情で弾いている。
それはそれで味わい深し。
021.jpg
 続いてのバンドは3ピースだがドラマーがボーカル!
しかもとてつもないハイトーンボイスの元気いっぱいアスリート系!
そしてルックスは、ずばり「イチロー」!!
022_20110808113226.jpg
 こちらは一見してすぐわかる「Tスクェア」のコピーバンド。
さすがフュージョンのバンドはテクニックがある。
演奏もMCもスマートで、
やっぱバンドやって女の子にモテたかったら、フュージョンだなあ。
(ハード・ロックやパンクでなく・・・・)
024_20110808124942.jpg
 バンドの転換のときは、幕が閉まらないので黒いついたてが出て
その後ろで次のバンドが準備する間
前ではアコースティックの弾き語り系の人たちが演奏。
 大体はアコギ1本でオリジナル曲、ってパターンだが、
そのアコースティック組の中での白眉はこれ。
 女声ボーカルに、このイベントの主催者であるライブハウス「ホンキートンク」の
マスター(小室等似)がバイオリンで参加。
ボーカルとカホンとバイオリンだけでイイ感じの音を出してました。
さすが!
023.jpg
 いきなりラモーンズの「電撃バップ」でスタートしたので、
おお、パンクきたか、と思ったが、そうではなかったみたい。
途中から出たダンサー(!)の女の子は秀逸。
026_20110808113224.jpg
 キーボードの男性1人と おばさん お姉さんがズラリのコーラスグループ、
「亜麻色の髪の乙女」とか、そういう曲。
きれいなハーモニーです。
こういうバンドも出るのね。
029_20110808113224.jpg
 さあ、そして後篇は、いよいよ「Audiometry」篇だあ。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    最初に紹介して頂いたバンドのヴォーカル(女)です。
    遠方からの参加、お疲れさまでした。
    私達もAudiometryさんのライブ、楽しませて頂きました。
    派手でパワフルなパフォーマンスが素晴らしかったです。
    またイベントでご一緒できたらいいですね。
    ありがとうございました。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。
    勝手に書いちゃってすみません。
    おまけにバンドの名前がどれがどれだかわからないので
    バンド名も載せず失礼しました。
    いやあ、カッコよかったっすよ。
    欲を言えばミニスカとか、そういうもっとセクシーな衣装で決めてくれるとサイコーだったんだがなー。
    イベントあったら声掛けてくださいね。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ