ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.04.05

マリノスに惨敗、その中でちょっといい話は・・・。

Pocket

 金曜日のナイトゲームが始まったのはDAZNの意向だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いくら19時半でも金曜日の夜の埼玉スタジアムはムリ。

確実に見られないゲームが増えてしまうのは、大変クヤシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、3万を超える観客を集めちゃう浦和レッズってすごいと思うが、

本日は来場者全員にTシャツプレゼントという大盤振る舞い。

この影響は大なのかも。

 

************************************************************************************

 2019年J1第6節

浦和レッズ  0-3   横浜Fマリノス  (埼玉スタジアム2002)

  (前半  0-1)

  (後半  0-2)

************************************************************************************

 残念ながら、そのTシャツはレッズファンにとって

悲しい思い出になってしまったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前節に引き続き4バックの布陣となった浦和レッズ。

その新システムへの不慣れが原因なのか、

開始わずか7分、

味方の足に当たってゴール前に流れたボールを、

マウリシオと西川が見合う形になってしまったところを

マルコス・ジュニオールにかっさらわれる形で失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いらない失点はチームのリズムを乱す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズは再三4バックのウラをとられ、

ピンチを招く一方、攻撃にはフィニッシュに至る形が全く作れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半、0-1。

後半も、打開策のみえないレッズは、マリノスの猛攻を、

西川周作のファインセーブでしのぐが、

61分に、西川、2回はじき返したボールを3本目のシュートで決められる。

2回セーブしての失点はくやしいが、情けない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、金曜日は、ココで見るのをヤメタ。

あー、もう、ヒドイ。

もう、寝よう、ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、残り30分を、翌日見たが、

なんとまた、70分にだらしのない追加点を食らって、

0-3の完敗。

見るのもツライ、今期の、ワーストゲームといっていい内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、マリノス3点目のゴールを決めたのは広瀬陸斗。

この選手は、なんとあの元浦和レッズの8番、広瀬治選手の息子さんだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Jリーグ発足前の三菱重工、三菱自動車時代からの選手で、

浦和レッズ創生期のメンバーとしてチームを牽引、

FKの名手で、アビスパ相手のFKは、思い出深い。

「〽ヒロヒロヒロヒロセ、ヒロゴール」がナツカシイ。

自分の息子が、自分の古巣相手にJ1初ゴール。

お父さんとして、このゴールはどんな気持ちだったのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、このひどいゲームの中で、ちょっと良かった話、かな。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ